劇場映画・長編のアニメ枠「日曜アニメ劇場」、BS12が10月スタート

「日曜アニメ劇場」

 近年は、劇場映画がゴールデンタイムでテレビ放送される機会が減っている。これは劇場アニメ映画も同じで、現在は「金曜ロードSHOW!」で放送されるスタジオジブリ作品などを除けば、ほとんど機会がないと言っていいだろう。
 そうしたなか無料の衛星放送チャンネルBS12(トゥエルビ)が、アニメ好きには堪らない企画を打ち出した。2020年10月4日から毎週日曜日19時からの時間を「日曜アニメ劇場」と名付け、劇場アニメを中心に放送する枠にする。

 「日曜アニメ劇場」が放送するのは、劇場版アニメや長編アニメのほか、OVAやTVスペシャルなどだ。テレビシリーズとは異なった、まとめて楽しめる作品を軸に編成される。
 10月4日のスタートは『劇場版 銀河鉄道999』。その後も映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』、『劇場版 どうぶつの森』、『劇場版MAJOR 友情の一球』、『劇場版 はいからさんが通る』(前編・後編)、『図書館戦争 革命のつばさ』、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』と新旧の人気作・傑作がラインナップされている。
 10月25日の『彼女と彼女の猫 -Everything Flows- 完全版』や『雲のように風のように』といった映画とは異なるスペシャル作品の放送もある。さらに今後は、特別編としてアニソンコンサートや2.5次元作品なども検討されており、プレミア感を持った柔軟なプログラムになりそうだ。

 BS12は三井物産の資本による衛星放送局として、2007年に放送を開始している。全国で無料にて視聴できるのが強みだ。
 BS放送では視聴者の多いアニメは、放送時間の長いジャンルになっている。同じBS無料放送のBS11やBSフジはテレビアニメに積極的に取り組んでおり、平日・週末のゴールデンタイム・深夜の放送も多い。こうしたなかBS12はアニメで出遅れていたが、BS11やBSフジが手薄な映画やスペシャル番組で差別化を図る。

 近年、アニメ業界では劇場映画が盛り上がりを見せており、人気も高く、公開本数も多い。もともと劇場で鑑賞料金はとって上映していた映画は、視聴者に対するアピール効果も大きい。
 一方でアニメ映画はヒット作、話題作でも現在は、有料チャンネルや有料配信での視聴が中心になっている。テレビ放送でも深夜が多く、作品の認知度の拡大につながらない。週末、ゴールデンタイムの決まった時間で継続的な無料放送は、長編アニメの魅力を広げるチャンスにもなるはずだ。

日曜アニメ劇場
https://www.twellv.co.jp/program/anime/sunday-animation/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©1998 ピカチュウプロジェクト
     国内最大の国際映画祭である東京国際映画祭が、9月29日に俳優の役所広司氏や是枝裕和監督、深田晃司監…
  2. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  3. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
ページ上部へ戻る