2017年上半期DVD/ブルーレイ販売金額が前年比10%減 GfK ジャパン調べ

ファイナンス決算

 コンシュマー動向調査会社のGfK ジャパンによれば、2017年上半期(1月~6月)の国内セル映像ソフトの販売は数量・金額の両方で前年比2ケタの減少となった。セル映像ソフトは、レンタル向け映像ソフトを含まないコンシュマー向けの販売となっている。
 発表によれば、2017年の上半期の売上金額は826億円、前年より10%の減少であった。また数量は1723万枚で、こちらは14%減となる。減少幅の差は、平均価格の高いBlu-rayの比率が拡大したためとみられる。

 映像ソフト販売のうち、邦画アニメは売上金額の全体の構成比で、24%から23%に縮小した。全体の減少も合せると、邦画アニメ単独で前年比10%以上の減少になったとみられる。また洋画、音楽も構成比を下げた。
 一方邦画が、5%から7%に拡大している。これは大型ヒット作となった『シン・ゴジラ』の発売があったためであるという。
 アニメ販売は上半期では2ケタの減少となったが、下半期は大幅に改善することが見込まれる。下半期にあたる7月26日に発売された『君の名は。』が大ヒットになっているためだ。セル映像ソフト市場全体でも、減少幅は改善することが見込まれる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る