スクエニ出版部門第3四半期減収減益 電子書籍拡大もマンガ単行本減少

ファイナンス決算

 スクウェア・エニックス・ホールディングスは、2017年2月6日に2017年3月期第3四半期の決算を発表した。売上高は前年同期比24.4%増と高い伸びとなったが、営業利益は214億7700万円(9.7%減)、経常利益は220億5000万円(8.9%減)と小幅減少だった。当期純利益は170億5500万円(26.0%増)。
 『ファイナルファンタジーXV』や『RISE OF THE TOMB RAIDER』といった大型タイトルの発売や、過去作のデジタル販売が好調だった。また、スマホ向けアプリも増収増益で業績に貢献した。一方で、開発投資の拡大が利益面に影響を与えていると見られる。

 出版事業は、減収減益である。第3四半期までの売上高は72億5700万円(5.4%減)、営業利益は17億2300万円(9.9%減少)となった。ゲームガイドの販売が増加したが、マンガ単行本の売上減少が響いた。今期は作品のメディアミックスが少なく、販売が伸びなかったと見られる。
 第4四半期には、2017年1月に劇場アニメ『黒執事Book of the Atlantic』が公開されている。同1月からはテレビアニメ『クズの本懐』のフジテレビ「ノイタミナ」枠の放送も始まった。こちらに期待がかかりそうだ。
 一方、電子書籍の売上については着実に成長しているとする。今後はデジタルの動向が、さらに重要性を増すことになる。

 しかし、マンガ事業の本格的な回復は、来期以降になるとみられる。2017年に同社の代表作『鋼の錬金術師』が大作実写映画として全国公開される。これが大きなドライブになるだろう。
 またマンガのVRコンテンツを次期の早い段階で商品化したいともする。実現すればこちらも話題を呼ぶに違いない。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る