韓国・済州島にライオンズゲート初のテーマパーク建設 「トワイライト」から「ハンガー・ゲーム」まで

ライオンズゲート

 2017年8月15日、米国の大手映画会社ライオンズゲートは、韓国のリゾート地済州島に同社初の大型テーマパーク「ライオンズゲート ムービー・ワールド(Lionsgate Movie World)」を建設すると発表した。ランディング済州開発とライオンズゲートが共同で開発する。
 パークはランディング済州開発が運営する統合型リゾート済州新華ワールド内に設けられる。総面積は12万2000㎡。2018年に着工、2019年のオープンを目指す。
 パークは9つの映画ゾーンに分けられて、この中には世界的なヒットシリーズ「ハンガー・ゲーム」、「トワイライト・サガ」、『グランド・イリュージョン』が含まれる。さらに2018年3月公開の『ロビンフッド』のゾーンが早くも予定されている。
 ライド型のアトラクションを設け、作品舞台を再現する。そこにレストランやショップ、そしてパフォーマンスも用意する。

 ライオンズゲートは、1976年にカナダで設立。2000年代に入り、『デイ・アフター・トゥモロー』や「ハンガー・ゲーム」シリーズのヒットで急成長した。
 M&Aにも積極的で、2012年には世界的な大ブームを巻き起こした「トワイライト・サガ」シリーズや『エンダーのゲーム』で知られるサミット・エンタテインメントを子会社化している。これにより一気にハリウッド6大メジャーに続く存在に浮上した。最近は米国アカデミー賞8部門受賞の『ラ・ラ・ランド』や『パワーレンジャー』を製作している。
 今回のプロジェクトでライオンズゲートは、映画だけでなく、テーマパークビジネスでもハリウッドメジャーを追うことになる。そのスタートに東アジアを選んだのは挑戦的だ。

 ライオンズゲートと手を組むランディング済州開発は、中国系のリゾート会社ランディング・インターナショナルの子会社になる。ランディング・インターナショナルはリゾート開発やカジノ運営の大手で、2015年より済州島で250万㎡に及ぶ巨大統合リゾート済州新華ワールドを開発している。ライオンズゲート ムービー・ワールドもこの中のひとつになる。
 
 近年、東アジア周辺のグローバルな映画を題材としたテーマパークの競争が激化している。日本では抜群の集客力を誇る東京ディズニー リゾートと大阪のユニバーサルスタジオ ジャパンが積極的な投資とパークの拡張を続けている。
 中国では2017年にオープンした上海ディズニーランドが人気を集めるほか、巨大施設の上海ドリームセンター、北京ではユニバーサルスタジオの建設が進む。さらに香港ディズニーランド、シンガポール ユニバーサルスタジオと百家総攬だ。
 そのなかで韓国はこれまでにユニバーサルスタジオ建設の計画などもあったが実現せず、映画・キャラクターのテーマパークの空白地帯であった。今回の事業計画は、ここに目をつけたかたちだ。
 済州島は、中国、日本、台湾のいずれの地域からもアクセスがよい利点もある。さらに既に複数の施設があるディズニーやユニバーサルでなく、世界初となるライオンズゲートのパークとすることで差別化を図る。新しい人気テーマパークになる可能性は十分だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る