スクエニ第2四半期増収減益 出版事業はコミック単行本軟調で減収減益

ファイナンス決算

ゲーム大手のスクウェア・エニックス・ホールディングス(スクウェア・エニックスHD)が、2016年11月8日に2017年3月期第2四半期の決算を発表した。
連結売上高は1063億4700万円と前年同期比で大きく伸びたが、新規大型タイトルの償却負担の増加やスマホアプリゲーム、PCブラウザゲームの新規タイトルが不調で利益は減少した。営業利益は111億1500万円(11.7%減)、経常利益は83億7800万円(35.2%減)、当期純利益は54億9500万円(25%減)。

ゲームを中心とするデジタルエンタテインメント事業は、売上高は783億1000万円(30.1%増)、営業利益は121億2600万円(6.1%減)である。「メビウス ファイナルファンタジー」、「星のドラゴンクエスト」、「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」、「グリムノーツ」などの新規タイトルが収益につながり、またスマホアプリゲーム、PCブラウザゲームの既存タイトルが堅調で売上げにつながった。
第3四半期以降も、『ファイナルファンタジーXV』、『ライズオブザトゥームレイダー』、『ワールドオブファイナルファンタジー』の大型タイトルの発売が相次ぎ、業績への貢献が期待される。
一方、コンテンツ制作の勘定残高が2016年9月末段階で、前年同期比で33%増の472億円に積みあがっている。大型タイトル開発が続いていることも多いが、2014年以降急増している。今後のタイトル発売に合わせて順次償却されるが、開発費負担は利益面で今後も大きな影響を与えそうだ。

マンガを中心とした出版事業は、減収減益である。第2四半期までの売上は46億円(8%減)、営業利益は10億円(1%減)である。電子書籍のライセンス売上は急成長しているが、マンガ単行本の売上減少が影響した。スクウェア・エニックスHDは、メディアミックスの端境期であることも理由としている。
出版事業は2000年代半ばから後半にかけ成長し、2010年3月期には売上は約144億円 に達したが以降は伸び悩んでいる。下半期以降は劇場アニメ公開、ミュージカル化の控える『黒執事』、2017年よりテレビアニメ放送がスタートする『クズの本懐』が鍵となる。

アミューズメント事業は売上212億7500万円(11.9%増)となり、営業利益は20億9300万円(3.9%減)となった。ライツ・プロパティ等事業は堅調だった。売上は30億4400円(18.0%増)、営業利益は10億9500万円(23.5%増)だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る