スクエニHD第1四半期 売上高、営業利益増で好調発信 出版事業は弱含み

ファイナンス決算

ゲーム大手のスクウェア・エニックス・ホールディングスの2017年3月期第1四半期(16年4月~6月)の決算が、8月5日に発表された。スマホ向けゲーム、PCオンラインゲームの好調に支えられ、順調なスタートを切った。デジタルエンタテインメント事業、そしてライツ・プロパティ事業が増収増益となり全体を牽引している。
連結売上高は511億9300万円(21.1%増)、営業利益は89億4900万円(13.1%増)だった。経常利益は64億4600万円(32.5%減)、四半期純利益は53億3600万円(11.1%減)。

ゲームを中心とするデジタルエンタテインメント事業は、売上高375億4100万円(23.9%増)、営業利益94億7200万円(15.6%増)である。既存タイトルに加え、スマホ向けの新規タトルの『メビウス ファイナルンタジー』、『星のドラゴクエスト』、『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィア』、『グリムノーツ』などが収益に寄与している。家庭用ゲーム機向けタイトルでも『ドラゴンクエスト ヒーローズII 双子の王と予言の終り』などがあった。
アミューズメント事業を支えたのは『ガンスリンガー ストラス3』などのアミューズメント機器である。売上高103億5100万円(22.1%増)、営業利益8億3100万円(11.6%減)。
ライセンス・プロパティはキャラクターグッズやサウンドトラックなどが中心となった。売上高14億1800万円(21.8%増)、営業利益5億6000万円(33.2%増)と強含んでいる。

マンガ雑誌・単行本、ゲーム関連書籍を手がける出版事業は厳しかった。電子書籍のラインセス収入は増加したが、単行本の売上が減少したのが響いた。売上高は22億5300万円(16.2%減)、営業利益は5億3000万円(19.4%減)となった。
今後は2017年春期にアニメ化された『田中くんはいつもけだるげ』、夏期に放送中の『はんだくん』による、原作への波及効果が期待される。さらに下期に向かっては、実写化映画化の決まった旧作『鋼の錬金術師』の動向が注目だ。

2017年3月期は連結売上高では、前期の2141億円を上回る2500億円から2700億円のレンジを想定している。また営業利益と経常利益は270億円から330億円のレンジで、こちらも前年を上回る水準を見通す。
第1四半期まででは売上高の進捗率は低いが、第2四半期末に大型タイトルの『ファイナルファンタジー XV』の発売が控えている。本作のタイトルの動向で、業績も大きく左右される。

スクウェア・エニックス・ホールディングス 2017年3月期 第1四半期連結決算
(単位:百万円、%)

 売上高前年比営業利益前年比経常利益前年比当期純利益前年比
17年3月期51,19321.18,94913.16,446-32.55,336-11.1
16年3月期42,28212.07,91256.19,54396.55,99976.0

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る