「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」牽引で東映アニメ第1Q好調 業績予想を上方修正

ファイナンス決算

■ 海外映像、国内版権、海外版権が大きな伸び

 アニメ製作大手の東映アニメーションの業績が引き続き好調だ。2017年7月28日に2018年3月期第1四半期決算を発表したが、前年同期を大幅に上回る増収増益となった。
 連結売上高は前年同期比30.5%増の119億4800万円と、四半期だけですでに120億円に迫る水準に達している。これに伴い利益も拡大し、営業利益は33億1200万円(84.9%増)、経常利益は35億6900万円(88.1%増)、当期純利益は26億600万円(67.5%増)となった。いずれも第1四半期としては過去最高だ。

 映像製作・販売事業、版権事業のいずれもが好調で増収増益だった。映像製作・販売事業は売上高42億3600万円(44.8%増)、営業利益は9億1100万円(82.7%増)である。
 テレビアニメ部門は前年並みの9億3400万円、『美少女戦士セーラームーンCrystal』のBlu-ray、DVDのあったコンテンツ部門は増収で2億6200万円、劇場アニメは7億7000万円で前年の10億4000万円より減った。
 海外映像は前年の12億3400万円から84%増の22億7800万円と大幅に増えた。しかしこれは、前期は第2四半期に計上されていた中国向けの大口取引が第1四半期に計上されたことも大きかった。
国内配信市場も成長を続けている。定額映像配信市場の拡大もあり、その他事業6億8300万円(74%増)を支えた。

 版権事業は売上高64億200万円(54%増)、営業利益29億8600万円(66.3%増)。このうち国内版権が34億4000万円(30%増)、海外版権が29億6100万円(96%増)と共に大きな伸びとなった。
 いずれもスマホアプリゲーム『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』のヒットに牽引されている。『ドッカンバトル』はすでに全世界で2億ダウンロードを突破、北米やフランスなど14ヵ国でiOS向けアプリ1位を獲得するほどの人気だ。北米向けでは家庭用ゲーム『ドラゴンボール ゼノバース2』も好調で『ドラゴンボール』の人気がうまく活用されている。
 商品販売事業は売上高10億6400万円(39.7%減)、営業利益900万円(90.2%減)となった。昨年あった『ONE PIECE FILM GOLD』関連がなくなったことが影響した。

■ 『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』好調で業績見通し引き上げ

 第1四半期の業績を受けて、東映アニメーションは今年5月21日に公表した業績見通しを大幅に上方修正する。
 第2四半期の連結売上高は174億円から224億円で28.7%引き上げる。前年同期の197億7400万円を大きく上回る。営業利益は35億円から52億円、経常利益は36億円から54億円、純利益は24億円から35億円に変更した。
 通期見通しは連結売上高330億円から380億円に、営業利益は67億円から91億円、経常利益は70億円から94億円、当期純利益は45億円から63億円。こちらは全体に引き上げられたが、前期の実績よりは低い。新しい通期予想は前期偏重の数字になっており、今後の業績次第では、下期に成長余地もあるかもしれない。
 
 第2四半期以降の業績は、『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』を初めとするアプリゲームの活用、その人気がどの程度持続するかが重要になる。東映アニメーションは、なかでも中国市場を重視する。5月には『航海王激戦』をリリース、夏に『聖闘士星矢 小宇宙幻想伝』、さらに『アラレ大冒険』などの同国で新作アプリが続く。さらに『龙珠Z 覚醒』と『航海王燃焼意思』のクローズβテストも始まる予定だ。
 もうひとつは人気作品のさらなる活用である。東映アニメーションはとりわけ「ドラゴンボール天下一武道祭2017」、ユニバーサルスタジオでのアトラクション、「ONE PIECE LIVE STAGE」の中国初専用劇場の上海オープンなどライブイベントに力を入れる。
 また下期には『映画キラキラ☆プリキュアアラモードパリッと!想い出のミルフィーユ!』、『デジモンアドベンチャーtri. 第5章「共生」』、『劇場版マジンガーZ』(仮題)の劇場映画公開が控えている。総合アニメ企業として、東映アニメーションの躍進が続きそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る