クランチロール日本法人 代表取締役ショティーノ氏退任、米本社ガオ氏が兼任

企業ニュース

 2017年3月17日、日本アニメの海外向け配信の最大手クランチロールは、都内ホテルにてクランチロール「感謝の会」を開催した。これは先頃、クランチロールの有料会員数が100万人を超えたことに合せたものである。
 有料会員数100万人は、定額課金制の映像配信サービス(SVOD)では米国内で第8位の規模になる。米国の大手のドラマでお馴染みのHBOに続き、Showtime(9位)やCBS(10位)を上回る。日本アニメにフォーカスするクランチロールが、米国の大手メディアのSVODサービスと伍するほどのビジネスであることが分かる。

 また、「感謝の会」では、2017年4月1日付でクン・ガオ氏が同社の日本法人であるクランチロール株式会社の代表取締役に就任することが発表された。現代表取締役のビンセント・ショティーノ氏は2017年3月31日付で退任する。クン・ガオ氏はクランチロール米国本社の創業メンバーで、CEOを務めている。米国本社と日本法人の双方を管轄することになる。
 クランチロールは2007年にサービスをスタート、2008年には日本法人を設立した。現日本法人代表取締役のショティーノ氏は、外資系ベンチャーの日本法人立上げで多くの経験をした後、クランチロールでも日本法人立ち上げから関わり、日本企業や権利者と関係構築に尽力した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る