クランチロールとNBCユニバーサル・ジャパン アニメ製作と世界配給で提携

協力

 国内アニメ製作の老舗であるNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンと、日本アニメの海外向け配信の大手クランチロールがアニメ製作で手を組むことになった。2017年7月12日、両社は新作アニメの共同製作と世界配給での提携を発表した。
 NBCユニバーサル・ジャパンとクランチロールによれば、共同製作は人気コンテンツを原作とするほか、完全オリジナルの作品も含む。オリジナル作品は、グローバルマーケットに向けた全く新しい企画になる。
 タイトルや詳細は後日発表するとしている。クランチロールは2017年8月25日から27日までの3日間、同社初となる大型イベント「クランチロール エキスポ 2017」をカリフォルニア州サンタクララで開催する。この場で何らかの発表が期待できそうだ。

 NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンは、1980年代に設立されたパイオニアLDCに源流を持つ映像・音楽パッケージ会社である。パイオニアLDC時代には「天地無用 ! 魎皇鬼」シリーズをはじめ、『苺ましまろ』、テレビシリーズ『Hellsing』など多くの人気アニメを手がけた。OVAや深夜アニメビジネスを開拓した会社のひとつだ。
 2003年に電通に買収され、ジェネオン エンタテインメントに商号変更。さらに2008年にはNBCユニバーサルの日本法人ユニバーサル・ピクチャーズに売却され、ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンと合併した。2013年に現在の社名NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンとなった。近年も『ベルセルク』、『ドリフターズ』、『アルスラーン戦記』、『終わりのセラフ』といったヒット作がある。日本のアニメビジネスを代表する会社だ。

 クランチロールは、2006年にスタートした日本アニメ専門の海外配信のプラットフォームとして有名だ。世界的な動画配信ビジネスの拡大に伴い、急成長をしている。全世界に100万人の有料会員を持つ。2013年に大手メディアグループのチャイニングループの傘下に入り、さらに2014年にはAT&Tの出資も受けた。
 日本アニメの配信権の獲得だけでなく、近年は製作出資や日本企業とのパートナーシップにも積極的だ。2016年2月には住友商事と共同でアニメ投資ファンドを設立、同年4月には大手エンタテイメントグループのKADOKAWAと海外向けアニメ配信での包括契約を結んだ。今回はさらにアニメビジネスの老舗と共同事業を進める。
 海外での日本アニメ配信は、いまやNetflixやAmazon プライムビデオなどのメガカンパニーがクランチロールのライバルになっている。長年のネットワークとビジネスノウハウを活かしたクランチロールが、これとどう戦っていくのか。これからの動向も関心を集めそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る