オタクコイン公式アプリをリリース 2019年からの本格活用目指す

企業ニュース

 ポップカルチャー分野のコミュニティ通貨「オタクコイン」の普及を目指すオタクコイン協会は、2018年12月26日に「オタクコイン公式アプリ」をリリースした。iOS向けとAndroid向けの双方で、いずれも無料でダウンロードできる。
 オタクコイン公式アプリは、オタクコインのやりとりや情報配信、コミュニティ機能を持つものだ。今後のコインの普及を目指した中核ツールになる。

 公式アプリリリースにあたっては、全世界を対象にしたキャンペーンも開始した。アプリをダウンロードした先着1万名にそれぞれ3000枚のオタクコインを無料プレゼントする。わずか1日あまりで1万名に達し、キャンペーンが終了する人気となった。
 アプリ所持者と実際にコインを持つユーザーが短期間で1万人を超えたことは、コミュニティ活性化でも大きな役割を果たしそうだ。幸先のよいスタートと言っていいだろう。 
 キャンペーンではこのほか、アニメスタジオに応援メッセージを送ることで300枚のオタクコインもプレゼントしている。こちらもオタクコインのコンセプトを伝えることと、普及に一役買う。

 オタクコインはアニメ・マンガ・ゲームといった日本ポップカルチャーの普及と発展を目指したコミュニティ通貨をコンセプトにブロックチェーンの技術を活用して誕生した。関連分野での決済や活用を目指す。
 ただし現在はプロジェクトのスタートアップ段階のため、その利用はTokyo Otaku Mode ShopやTOM Projectsなどに限られている。2019年以降の本格的な活用と普及を視野にいれる。

 オタクコイン協会によれば今後のスケジュールでは、まず2019年にコイン活用の実証実験をスタートする。それを受けてグッズショップとの連携やアニメ・マンガ・ゲーム分野での活用モデルケースを予定する。
 その後はコインを用いたファン投票システム、クリエイター応援など、当初掲げたオタクコインならではの構想実現を目指す。さらにコインを獲得できる場所を増やし、グローバルでの決済を拡大することが最終的な目標だ。

「オタクコイン」ウェブサイト
https://otaku-coin.com/ja/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
  2. TIFFCOM 2019
    ■中国大幅増で、出展団体過去最多  国内最大の映像コンテンツの国際見本市となるTIFFCOMとTI…
  3. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
ページ上部へ戻る