「東京アニメピッチグランプリ」参加募集 賞金100万円に仏アヌシー映画祭MIFA参加のチャンスも

アヌシー映画祭「Tokyo Pitch」

 東京都は地場産業であるアニメの関連企業振興を目指し、このほど情報発信サイト「Tokyo Anime Business Accelerator」を立ち上げた。サイトでは、都が実施する様々なアニメ産業支援プログラムを紹介する。
 また、サイト立ち上げと同時に、2018年2月に開催される「東京アニメピッチグランプリ」と、アニメビジネスの海外展開を支援するセミナーの参加者募集を開始した。

 海外ビジネスセミナーは、「海外マーケット」、「海外アニメビジネスの交渉術」、「アニメビジネスの商習慣と資金調達」、「商談ツールの作成」など全5回から構成される。7月末から随時開催されるが、1回から参加可能となっている。
 講師には、米国のエンタテイメントビジネスの専門家でWOWMAX代表取締役の海部正樹氏、東映アニメーションの海外部門の責任者の経験が長い風早完次氏、エンタテイメント分野の弁護士である四宮隆史氏、電通コンサルティングの森祐治氏、米国の企画開発の専門家シャロン・ゴメス氏が担当する。
 参加費は無料。中小企業や個人事業主のほか、都内在住者や都内での在勤者、学生も受講可能だ。

 「東京アニメピッチグランプリ」は、自身の持つアニメ企画をプレゼンテーションするピッチのコンテストになる。コンテンスト入賞の上位最大3組に各100万円の賞金が用意されている。またコンテストの入賞者から、2008年6月にフランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭の国際見本市MIFAへの出展支援対象も選ばれる。

 東京都は2016年、17年のMIFAで東京都の事業者のアニメ企画の紹介、ビジネスマッチングを実施して、大きな成果を挙げている。これまでは個別の選考を実施していたが、18年は「東京アニメピッチグランプリ」を通じて、対象者を決める。
 逆に18年の「TOKYO PITCH」の参加希望者は、「東京アニメピッチグランプリ」に登録しなければいけない。また「東京アニメピッチグランプリ」にエントリーするには、5回ある海外ビジネスセミナーのうち1回以上受講することが必要だ。セミナー参加の段階では、オリジナル企画は定まっている必要はない。

 国内のアニメビジネスにおいて、海外ビジネスの比率が近年、しだいに大きくなっている。それは大手企業のほか、中小企業や個人事業主、クリエイターにも無関係でない。今回のセミナーは、そうした状況を知るよい機会にもなるだろう。

「Tokyo Anime Business Accelerator」
https://anime-tokyo.com/ 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る