日本テレビ×秋元康で男性声優プロデュース 新作アニメ「キミだけにモテたいんだ」と連動

アーティスト

 日本テレビがプロデューサーの秋元康氏と手を組んで、オーディションから男性声優・俳優のプロデュースを手がける。2018年1月に募集開始をしたオーディション『キミだけにモテたいんだ』プロジェクトに、共同プロデュースとして日本テレビとプロデューサーの秋元康氏が参加することが。4月18日に明らかにされた
 またアニメ『キミだけにモテたいんだ』が2018年夏放送にテレビ放送予定であることが発表された。作品の詳細は未公表だが、オリジナル企画としている。タイトルからは男性キャラクターが中心となった作品が連想され、オーディションでは本作の出演予定者を決めることになる。

 昨今の声優人気の盛り上がりは目を見張るものがある。アニメの声の出演だけでなく、作品の主題歌などを担当し、舞台への出演、イベントの登壇やトークではタレントとしての役割も求められる。今回のオーディションが「声優&役者」とされている理由でもある。
 その人気は男性声優でも大きい。その盛り上がりは、時には作品本編の人気を左右するほどだ。

 しかし、女性声優や女性アニソンアーティストに絞ったオーディションは数多いが、男性に絞ったオーディションは目立たない。今回のオーディションはそれをカバーする役割もあり、注目を呼びそうだ。
 もうひとつの注目は、大手放送局である日本テレビと秋元康氏の共同プロデュースという大きな取り組みである。秋元氏は大物プロデューサーとして著名で、とりわけAKB48、乃木坂46、おニャン子クラブなど女性アイドルユニットのプロデュースに定評がある。2016年からはソニーミュージック、アニプレックスと組みデジタルアイドルグループ22/7をプロデュースし、アニメ文化にも接近している。
 その秋元康氏が男性声優のプロデュースに乗り出すのは、アニメ業界だけでなく、エンタメ業界全体でも大きなニュースだろう。男性声優が大きなビジネスになっていることも感じさせる。

 オーディションの募集資格は満11歳以上の男性で、芸能事務所に所属や登録をしていないことが条件になる。声優だけでなく、歌⼿、役者、モデル、バラエティーなどの領域を越えて活躍できる才を求めるとしている。一次審査に通過すると地上波にて放送予定の最終審査に進める。
 合格すると、声優としてアニメに出演するチャンスが掴める。またデビューを目指し無償でレッスンを受けることになる。

「キミだけにモテたいんだプロジェクト」
http://www.kimimote.com

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. IMART
     2月26日と27日の2日間、アニメとマンガのカルチャーやビジネスの今をテーマにしてカンファレンスイ…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ファイ・ブレイン×Tファン
    放送終了後もファンをつなぎとめる仕組みに迫る。  2011年からNHK Eテレで約2年半放送さ…
ページ上部へ戻る