Huluオリジナル番組に「メアリと魔女の花」 5日間連続インタビュー独占配信

「メアリと魔女の花」Huluインタビュー番組

 2017年7月8日より、大作劇場アニメ『メアリと魔女の花』が公開となる。監督・脚本は『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』の米林宏昌、アニメーション制作は西村義明プロデューサーが率いるスタジオポノックである。スタジオポノックには、かつてスタジオジブリで働いたスタッフが多く集結、スタジオジブリの再来とも思える活気をみせる。
 映画ファン、アニメファンの多くの期待を背負って登場する本作のインタビュー番組が、公開に先立って、映像配信プラットフォームの大手Huluで独占配信されることになった。「出演者&制作陣が語る 映画の見どころ」だ。

 番組は全5回で構成される。7月3日(月)のメアリ役の杉咲花をスタートに、シャーロット役の大竹しのぶ、ピーター役の神木隆之介、西村義明プロデューサー、脚本の手がけた米林宏昌監督のインタビューが毎日午前0時から更新される。第5回の配信翌日が、全国公開日となる仕掛けだ。
 5回のインタビューを通して、公開前から『メアリと魔女の花』の世界により深く触れることが出来る。ネット配信の機動性を活かした映画と連動するタイミング、そして何度も繰り返し観られるかたちとなる。

 オリジナルコンテンツの開発を積極的に進めるHuluは、2017年になり『エンシェンと魔法のタブレット』、『ソウタイセカイ』といったアニメも配信している。『丘の上のダム・キーパー』の夏の配信開始も発表したばかりだ。
 Huluに限らず昨今は、NetflixやAmazon プライム ビデオもオリジナルアニメに力をいれる。そうした作品は、多くの作品を惹き付ける効果がある一方で、調達資金も大きい。
 しかし、アニメ本編以外でも、ドキュメンタリーや情報番組といったアニメ関連の番組は成立するはずだ。今回は映画の話題づくりと同時に、人気作のインタビュー番組のかたちで、視聴者にアピールすることになる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ミッシェル・オスロ監督
     アニメーション分野では世界最大の国際映画祭であるアヌシー国際アニメーション映画祭が、6月11日に開…
  2. 『詩季織々』
     2016年に新海誠監督の『君の名は。』で日本中を揺るがしたコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)…
  3. 「21世紀のアニメーションがわかる本」、土居伸彰
     2017年9月に土居伸彰氏が上梓した「21世紀のアニメーションがわかる本」のページを開いた時に、軽…
ページ上部へ戻る