2Dアニメ制作ツール「Procreate Dreams」、App Storeで全世界向け販売開始

Procreate Dreams

 アニメーション制作の総合アプリ「Procreate Dreams」が、App Storeにて全世界に向けて11月22日に提供を開始した。「Procreate Dreams」はオーストラリア拠点を持つホバートが開発したアプリで、iPad 上でシンプルな操作で2Dアニメーションが制作出来る。
 ホバートもともとはイラスト制作のための「Procreate」を開発していたが、「Procreate Dreams」では2Dアニメーションに特化する。

 2Dアニメーション制作では国内ではクリスタ(CLIP STUDIO PAINT)がよく知られて利用されている。マンガ・イラストも制作出来るクリスタに対して、「Procreate Dreams」はアニメーションに特化したのが売りになる。
 またシンプルな機能も特徴になっている。指タッチの感覚的な操作で手描きアニメーションのビジュアルを実現する。テクスチャ付きブラシを使った制作機能のほか、高度なエフェクトの編集や音声・オーディオ、動画などもツールのなかで作成できる。

 こうした手軽さが、2D アニメーション制作に劇的な変化をもたらすのでないかとして、現在、注目を集めている。
 低コストも関心を呼ぶ理由である。アニメーション制作ソフトは高額であったり、サブリスクプション購入のみでコストのかかるものも少なくない。そうしたなかで「Procreate Dreams」は、ダウンロード買い切り、3000円(税込)と価格がお手頃だ。個人作家などがユーザーターゲットもあると見られる。
 またProcreate の公式サイトでは日本語のハンドブックもあり、解説も充実している。2Dアニメーションの人気が高い日本での市場開拓も狙っているようだ。

 国内のアニメ業界でも既に注目されている。日本アニメーター・演出協会では、今回のリリースに合せて、2023年11月26日にアニメ制作者を対象に講習会を実施する。YouTubeによるライブ配信で誰でも無料で視聴可能。アーカイブ配信もするとしている。
 アニメーション制作ソフトが高度化するなかで、求まられる知識も増え、さらに利用コストも増している。そうした現状に対抗するかのように登場した「Procreate Dreams」は、今後も関心を集めそうだ。

Procreate Dreams https://procreate.com/jp/dreams

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る