オーディション直結、マッドハウス/東北新社制作「きみの声をとどけたい」17年夏、東宝系全国公開


東北新社が開催する「キミコエ・プロジェクト」から、新作劇場アニメが登場する。プロジェクトに合わせて開催された女性声優オーディション「キミコエ・オーディショ」の参加者が出演する映画『きみの声をとどけたい』の製作が発表された。
映画は2017年夏に東宝系で全国公開。メインキャストは今回のオーディジョンに合格した16歳から20歳の女性6名だ。6名は“NOW ON AIR”という名前の声優ユニットを組み、ランティスからCDデビューすることも決まっている。

「キミコエ・プロジェクト ~supported by ファミリー劇場」は、女性声優ユニット育成プロジェクトとして2016年3月に発表された。オーディション開始当初より、合格者の声優ユニットの結成、歌手デビュー、テレビ出演、オリジナルアニメの出演が確約されるなど、デビューに直結した内容が注目を集めた。約3000名もの応募者が集まるほどの盛り上がりになった。
また、合格者は東北新社グループの事務所と専属契約のうえ活動する。映像制作大手の東北新社の声優ビジネス強化、アニメ関連の事業多角化としても関心を集めていた。

今回発表された映画『きみの声をとどけたい』は、アニメーション制作に数々の人気アニメを世に送り出してきたマッドハウスが決まっている。ここからも東北新社のプロジェクトにかける意気込みが感じられる。
また映画の詳細は明らかにされていないが、タイトルの『きみの声をとどけたい』からは、映画自体が「キミコエ・プロジェクト」と直結していることが分かる。声優オーディションと作品が密接にかかわる作品が期待される。
東北新社グループのファミリー劇場では、9月22日に合格者特別番組を放送する。さらに10月からは“NOW ON AIR”の冠番組もスタートする。全面的にユニットをバックアップする。
そして「キミコエ・オーディショ」の第2弾開催も発表した。さらに拡大する東北新社の声優育成プロジェクトの成果と今後の展開が注目される。

「キミコエ・プロジェクト」 http://kimikoe.com/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る