出版ビジネスのクールジャパンで討論 東京国際ブックフェアにKADOKAWA、講談社、手塚プロ、アニメイト

企業ニュース

2016年9月23日から25日まで、東京ビッグサイトにて第23回東京国際ブックフェアが開催される。これまでは、毎年初夏に同じ東京ビッグサイトにて行われていた。2016年は併催のコンテンツ東京の規模が拡大、東京国際ブックフェアを切り分け、秋に移したかたち。
開催期間は、平日1日と週末2日間の合計3日間、これまでによりBtoCに力を入れ、読書推進を目指す。新しいかたちのブックフェアとなる。

このなかで出版の海外ビジネス関係者に見逃せないフォーラムが実施される。9月23日13時から14時半までを予定する「作者、版元、書店、それぞれのクールジャパン戦略」だ。海外の出版ビジネス関係者がそれぞれの立場から海外展開を語る。

ゲストは4人を予定している。まずは作者・権利者からとして、手塚プロダクション著作権事業局局長の清水義裕氏。手塚プロダクションは、『鉄腕アトムj』や『ブラック・ジャック』など手塚治虫作品の独自に海外戦略で知られている。
版元からはKADOKAWA常務執行役員海外事業局長の塚本進氏、講談社ライツ・メディアビジネス局長の吉羽治氏。KADOKAWAはこの春に、北米のマンガ・小説の翻訳出版大手Yen Pressをグループ会社化したことで話題を呼んだばかりだ。講談社も北米での積極的なビジネス展開で知られている。
さらに書店の立場からとして、アニメイト 海外事業部/animate JMAの外川明宏氏も注目される。animate JMAは、アニメイト、KADOKAWA、講談社、集英社、小学館の5社が共同出資する株式会社ジャパン マンガ アライアンスの子会社で大型アニメショップのアニメイト バンコク店をタイで運営する。アニメ・マンガ切り口のリテールでの海外進出と、新しいビジネスモデルとなっている。興味深い話が聞けそうだ。

運営はCiP協議会、クールジャパン官民連携プラットフォーム、内閣府知的財産戦略推進事務局、リード エグジビション ジャパンが協力する。
聴講は無料だが、事前の申し込みが必要だ。CiP協議会にて申込みを受け付けている。

「クールジャパン・出版ビジネス・パートナーズ・フォーラム」
作者、版元、書店、それぞれのクールジャパン戦略

http://takeshiba.org/cooljapanfolum_event20160923/
2016年9月23日(金) 13:00~14:30
東京ビッグサイト
事前申込制/聴講無料
運営: CiP協議会  
協力: クールジャパン官民連携プラットフォーム/内閣府知的財産戦略推進事務局、リード エグジビション ジャパン

(株)手塚プロダクション 著作権事業局 局長 清水義裕
(株)KADOKAWA 常務執行役員 海外事業局長 塚本進
(株)講談社 ライツ・メディアビジネス局長 吉羽治
(株)アニメイト 海外事業部 部長代理兼animate JMA CEO 外川明宏
[コーディネーター]
慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授 中村伊知哉

関連記事

ピックアップ記事

  1. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
  2. アヌシー映画祭「Tokyo Pitch」
     東京都は地場産業であるアニメの関連企業振興を目指し、このほど情報発信サイト「Tokyo Anime…
  3.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
ページ上部へ戻る