タカラトミー通期業績予想を上方修正 「ポケモンメザスタ」やガチャが牽引

ファイナンス決算

 玩具大手のタカラトミーは、2023年4月27日に23年3月期の通期連結業績を上方修正した。これまで1700億円であった売上高は1870億円におよそ10%引き上げられる。前年実績の1654億円との比較では13%増と二桁の伸びとなる見込みだ。12年ぶりに売上げで1800億円を超えることになる。
 主力の玩具事業が堅調に推移する一方で、国内とアジアの両地域でタカラトミーアーツの手がけるアミューズメントマシンが好調だとしている。同部門の主力商品は2020年から展開する「ポケツトモンスター」の業務ゲーム「ポケモンメザスタ」で、バトルとコレクション性で人気が高い。
 売り場の大型化や人気作品が好評なガチャ、小売店キディランドも売上げを伸ばした。また海外向けでは円高による為替の影響もあった。

 売上高の伸びに合わせて利益も増加する。営業利益は120億円から130億円に、経常利益は118億円から120億円に、当期純利益は75億円から80億円に、それぞれ引き上げた。
 それでも売上に較べて伸び率が低いのは、売上総利益率が低下したためである。円安により原材料の輸入額が膨らんでいるとみられる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る