「ゲオチャンネル」スタートから1年余りでサービス終了 エイベックスの関連損失約20億円

ファイナンス決算

 エイベックス・グループとゲオが共同で展開してきた定額課金配信サービス「ゲオチャンネル」が、2017年6月末で運営を終了する。2017年4月5日付で、エイベックス・グループ・ホールディングスとゲオホールディングスの両社が発表した。
 「ゲオチャンネル」は、エイベックス・グループHDの子会社エイベックス・デジタルと、ゲオHDの子会社ゲオとゲオネットワークスが共同運営・展開をしている。市場拡大が注目されている月額定額制の配信サービスとして、2016年2月にスタートした。ゲオの得意とする店舗や宅配でのDVDレンタルを定額見放題に加えたサービスが特長になっている。また映画や国内外ドラマ、アニメのほか成人向けのタイトルも揃えるなど差別化を図った。
 しかし、国内定額配信サービスが乱立するなかで、会員獲得が十分伸びなかったと見られる。スタートから1年4ヵ月でのスピード終了となった。

 配信終了には、巨額の損失が影響したとみられる。エイベックス・グループHDは、2017年2月に「ゲオチャンネル」の収益性低下を理由に約20億円の損失を計上している。引当金繰入が12億2600万円、たな卸資産の評価損が3億7100万円、「ゲオチャンネル」用のソフトウエア等の減損損失が4億7000万円である。 
 ひとつのプロジェクトの損失としては少なくない金額であるが、前期(2017年3月期)の損失としている。今期(2018年3月期)への業績への影響は軽微とみられる。
 
 エイベックス・グループは、ソフトバンクと共同展開してきた音楽・映像の定額配信サービス「UULA」も2017年3月末で終了した。一方で、NTTドコモと共同展開する「dTV」と「BEETV」は安定している。定額映像配信のサービスは、当面はこちらにフォーカスすることになりそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る