エイベックス売上げ好調も 定額映像配信ゲオチャンネル事業で減損処理

ファイナンス決算

 エイベックス・グループ・ホールディングスが、2017年2月9日に17年3月期第3四半期の決算を発表した。連結売上高は1230億4300万円(12.6%増)、営業利益は38億100万円(6.0%増)、経常利益30億3100万円(31.3%増)と、増収増益であった。
 しかし、好調な事業とそうではない事業の差は大きく、個別事業では堅調さを感じさせない分野も少なくない。なかでも第3四半期は映像事業における「ゲオチャンネル」の不調が大きかった。
 「ゲオチャンネル」は、ゲオとエイベックス・デジタルによる定額見放題の映像配信サービスである。エイベックス・グループはこの収益性が低下しているとして、同サービスの引当金繰入額を12 億2600万円、さらにたな卸資産の評価損を3 億7100万円計上した。またチャンネル用のソフトウエアなどでも減損損失を4億7000万円計上した。「ゲオチャンネル」は2016年2月にサービスをスタートしたばかりだ。しかし映像配信の事業の競争激化もあり、開始から1年を待たずに事実上損切りをしたかたちだ。

 しかし映像事業全体では、売上高は333億円(13.4%増)、営業利益は9億円(前年同期は6億円の赤字)と堅調である。『おそ松さん』などのヒットがある映像パッケージが特に好調で、売上高は149億円(72.1%増)、売上総利益は59億円(79.5%増)である。
 第3四半期までのDVD/Blu-rayの売上枚数は90万6000枚。前年同期の約2.6倍にもなる。第4四半期もすでに『ユーリ!!! on ICE』のヒットがあり、通期でも好調な業績が期待出来そうだ。

 一方、映像配信は伸び悩んでいる。映像配信会員がBeeTV45万人、dTVが463万人の合計508万人と前年同期の551万人より減少している。売上高も241億円から9.9%減の217億円、売上総利益は18億円と前年同期比43.5%減と半減した。
 映像配信の不調を映像パッケージでカバーしているかたちだ。しかし、映像業界の全体トレンドがパッケージから配信にシフトするなかでやや不安定を感じさせる。

 音楽事業は減収減益だった。売上高は373億円(4.4%減)、営業利益は13億円(55%減)。音楽パッツケージが減収減益、音楽配信が売上げ横ばいの減益、音楽出版が減収で利益が横ばいである。エイベックス・グループHD全体における音楽事業の売上割合は、3割を切った。
 代わって好調だったのが、マネジメント/ライヴ事業である。楽曲販売からアーティストマネジメント・ライヴという業界のトレンドを映し出す。売上高は541億円(24.4%増)、営業利益は22億円(19.4%増)である。ライヴ・マネジメント・マーチャンダイジングの3つが全て2ケタの伸びになっている

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る