実写でもアニメーションでもない 「ジャングル・ブック」が好発進 興収4日間で6億円超


8月11日に全国676スクリーンで公開をスタートした映画『ジャングル・ブック』が好発進を切った。お盆シーズンのため通常とはやや異なる木曜日での公開となったが、山の日にあたる初日11日(木)の興収は1億7618万400円、動員は12万450人にも達した。また8月13日、14日の2日間の週末興収は3億214万1400円、20万9916人。公開4日間で興収は6億818万3300円、動員は42万1992人となった。
2016年夏は記録的な大ヒット作が相次いでいることもあり、週末興収では『ペット』、『シン・ゴジラ』、『ファインディング・ドリー』の後塵を拝している。しかし、『ジャングル・ブック』が夏の大ヒット作の一角に喰いこむことは間違いない。口コミでの今後の広がりにも期待がかかる。

実際に『ジャングル・ブック』には、ディズニー・スタジオの大作映画という以外にも話題が多い。とりわけ異例ともいうべき映像づくりは、映像関係者から熱い注目を浴びている。
映画の原作は、いまから120年以上前にイギリスの作家ラドヤード・キップリングが書いた冒険小説だ。これまでにたびたび映像化された知名度の高さから、ジャングルで動物たちに育てられたモーグリの活躍は原作を読んでなくとも知っている人は多いはずだ。なかでもいまから50年近く昔にウォルト・ディズニーにより製作された長編アニメーションは有名だ。ディズニーのセル画アニメーションの傑作のひとつである。

ディズニーは、近年、かつてアニメーションで大ヒットした映画を、次々に実写として再映画化している。『シンデレラ』や『ふしぎの国のアリス』『眠れる森の美女』などである。
『ジャングル・ブック』もそうしたディズニーのリメイク映画だが、その作り方がこれまでと違う。全編にわたりCGとVFXを使っているからだ。主人公の少年以外で登場する生き物、動物たちは全てCG映像であることが売りなのである。黒ヒョウのバギーラ、クマのバルー、トラのシア・カーン、活き活きとした動物たちは全てCGによる作り出された。背景となる森も同様で、撮影のほとんどはロサンゼルスのダウンタウンで行われている。となると主人公は人間の役者なのだが、本作を実写映画と呼ぶべきか、れともCGアニメーションか、疑問が沸き起こる。『ジャングル・ブック』は、主人公の少年・モーグリ役のニール・セディの素晴らしい演技と共に、実写映画とアニメーションについて考えさせるこの夏の話題作である。

『ジャングル・ブック』 http://www.disney.co.jp/movie/junglebook.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る