2016年映像ソフト売上高2044億円 前年比6.2%減 12年連続マイナスに

2016年映像ソフト売上高

日本映像ソフト協会は2017年2月8日に、2016年12月度のビデオソフト売上速報を発表した。これに併せて、2016年1月から12月までの年間累計売上高も明らかになった。
発表によれば、2016年の個人向け・レンタル店向け・業務用・特殊ルートでのBlu-ray・DVDの売上は合算して2044億7400万円となる。特殊ルートは雑誌やマンガ単行本、食玩など同梱される映像ソフトで、近年の数量増加により2017年から新たに加わった。年間の売上高は11億3500万円としている。

売上高2044億7400万円は、前年比で6.2%の減少になる。近年、映像作品の楽しみ方が多様化していることから、映像ソフト売上高は漸減傾向が続いている。市場の縮小は2005年以来12年連続となる。ピークであった2004年の3753億円に比較して、4割以上の売り上げを減らしている。
2016年は個人向けの販売Blu-rayとDVDの双方で前年比マイナスとなったほか、レンタル店向けのDVD販売が二桁マイナス(10.9%)ときつかった。
また数量ベースの売上では、7276万7000枚と、こちらは0.7%の微増となった。こちらはレンタル店用向けの伸びが大きかった。
2016年の詳しい動向は、日本映像ソフト協会が発表する「JVA2016統計調査結果」にて公表される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る