アニメは全体の26% Japan Content Showcaseの成約金額5300万ドル

Japan Content Showcase(JCS) 2016

 2016年10月24日から27日まで、第29回東京国際映画祭と併せて開催されたJapan Content Showcase2016がこのほどマーケットレポートをまとめた。2016年は映画・テレビ番組のTIFFCOM、アニメのTIAF、そして音楽TIMMと3つの国際見本市を合せて、1万8330名の来場者があった。これは過去最高の記録となる。
 来場者の増加は見本市の規模の拡大に連動している。2016年はTIMMの会場を従来のお台場から渋谷に移したこともあり、出展団体数が前年の347から356の過去最大となっている。登録バイヤー数も1433名から1539名、27プログラムが設けられたセミナー参加者数も2147名から2432名に増加した。4日間を通して、例年以上の賑わいだったと言っていいだろう。

 期間中の商談件数は6805件、成約金額が5305万3381ドルに達したとしている。日本円で60億円近い取引が、見本市の場で決まったことになる。このうち一番大きかったのは、実写映画の32%、次いで実写テレビドラマの30%だった。
 一方テレビアニメも全体の20%、アニメ映画は6%と、アニメ合算で26%だった。これは前年から8ポイントの上昇で、近年、日本アニメの海外からのニーズが増していることを反映したかたちだ。

 アニメに対するニーズは、海外バイヤーの属性からも窺える。海外バイヤーが求めるジャンルのトップはアニメーション(13.2%)で、ドラマの10.6%を上回った。また日本の出展者でもジャンル別でアニメが11.4%とドラマの9.1%を上回る。国内アニメの海外バイヤーへの販売が、JCSの主要取引のひとつになっていることが判る。
 また海外バイヤーは全体で926名、このうちアジアからの増加が大きく、720名を占めた。香港162名、中国140名、韓国108名、台湾100名である。アジア以外では米国の81名が大きかった。
 業種別では日本のバイヤーの40%が配給であるのに対して、海外は配給のほか製作/制作、放送局と多岐にわたり、配信も8.9%あった。日本のバイヤーでも配信は13.4%を占めている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る