ソニー、映画製作・TV番組制作事業で減損1121億円 ホームエンタメ縮小で営業権の評価見直し

ファイナンス決算

 ソニーは2017年1月30日に、映画部門の営業権の評価価額を見直した。この結果、1121億円を減損処理すると発表した。
 同社の映画部門は、映画製作・TV番組制作のプロダクション・アンド・ディストリビューションとチャンネル運営のメディアネットワークのふたつから構成されている。このうちプロダクション・アンド・ディストリビューションの営業権の評価を1121億円から0円に修正した。
 一方、メディアネットワークの営業権は1145億円と変わらない。映画分野全体で営業権の評価は、2266億円から1145億円に引き下げられる。

 減損の大きな理由となったのは、プロダクション・アンド・ディストリビューションのうち、Blu-ray・DVDなどのパッケージやデジタル販売を行うホームエンタテインメント事業の収益見通しを引き下げたためである。ソニーは、ホームエンタテインメントの市場縮小が加速化しているとする。
 この結果、過去作品カタログや繰延映画製作費、商標権さらにライセンス契約などの無形固定資産、それに土地・建物などの有形固定資産を合算したプロダクション・アンド・ディストリビューションの純資産額が帳簿価額を下回った。
 ソニーは今回の減損計上を受けて、2016年第3四半期に1121億円を、映画分野の営業損失として計上する。

関連記事

ピックアップ記事

  1. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
  2. アヌシー映画祭「Tokyo Pitch」
     東京都は地場産業であるアニメの関連企業振興を目指し、このほど情報発信サイト「Tokyo Anime…
  3.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
ページ上部へ戻る