イマジカG映像事業は通期赤字、増収も製作委員会出資で評価損計上

ファイナンス決算

 映像関連事業のイマジカグループは、6月12日に2020年3月期通期連結決算を発表した。売上高は940億9000万円と前年比で4%の微増。営業利益は13億5100万円(45.9%増)、経常利益は4億1600万円(47.2%減)、当期純利益は6億6400万円と前年の20億1000万円の赤字から浮上した。
 映像機器に関わる映像システム関連は好調で増収増益であったが、映像コンテンツ事業、映像制作サービス事業で利益を落とした。またメディア・ローカリゼーション事業も利益での赤字幅を圧縮したものの、マイナスからは抜け出せなかった。

 映像コンテンツ事業は、実写映画・ドラマのロボット、アニメのOLM、それに映像クリエイティブのP.I.C.S.が主要企業だ。期間中の売上高は262億500万円と11.8%増、実写とアニメの双方で劇場映画制作規模が拡大した。下期にテレビアニメシリーズの制作数が減少したが、テレビCMや音楽ライブ収録もあり好調だった。
 一方で、劇場映画などの製作出資で評価損が発生、営業損失を計上した。これにより利益面では3億5900万円の赤字に転落した。

 映像制作サービス事業は映像・音声編集やポストプロダクション、デジタルシネマサービスなどから構成される。売上高は265億5700万円(3.5%減)、営業利益は4億3100万円(36.3%減)の現出減益だ。
 映画とアニメに向けたポストプロダクションサービスは堅調だったが、年明け以降の新型コロナウイルス感染拡大が打撃だった。スポーツなどのイベント中止や延期が増え、撮影サービス・アーカイブサービスの受注減少が減少した。人材サービス部門も減収減益だった。

 メディア・ローカライゼーション事業は売上高226億6000万円(9.1%減)、また営業損失が7億6800万円である。売上高の減少はヨーロッパでのテレビ番組向けローカライズが不調だったことと、連結子会社2社の売却によるものだ。一方で制作体制の見直しや固定費削減の効果は出ており、赤字幅は縮小傾向が続いている。
 映像システム事業は売上高205億5100万円(28.9%増)、営業利益は27億1400万円(43.1%増)だ。放送局向けの大型案件が増えたほか、CMオンライン送稿システム、ハイスピードカメラ新製品の販売が好調だった。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る