Hulu Japan、2016年ランキング「おそ松さん」「名探偵コナン」新海誠が人気

配信

 映像配信プラットフォームのHuluは、2016年の一年間によく視聴された番組を「Hulu年間ランキング2016」として発表した。ランキングは総合ランキングのほか、「洋画」「邦画」「海外ドラマ」「国内ドラマ」「アニメ」「バラエティ・他」「スマートフォン視聴」の7部門が設けられている。
 Huluは日本テレビ放送網が出資し、毎月933円(税抜)の定額支払いで豊富な映画・テレビ番組がインターネットで見放題になる。急拡大する国内映像配信の有力サービスである。

 アニメ部門では、2015年末より一大ブームを巻き起こした『おそ松さん』が1位となり、その人気ぶりを見せつけた。2位以下は『名探偵コナン』、『銀魂』、『アンパンマンチャンネル』、『妖怪ウォッチ』が続く。
 トップこそ『おそ松さん』だが、ランキングの上位は幅広い層をターゲットするマス向けのタイトルが並ぶ。また『アンパンマン』のほか、『妖怪ウォッチ』、『ミッキーマウス!』(18位)、『おさるのジョーシ』(19位)と未就学児やキッズの人気作も多く、Huluが小さな子どもにも観られていることが判る。

 アニメは全体を通しても、人気のジャンルだ。『おそ松さん』は総合ランキングでも4位、『名探偵コナン』が8位、『銀魂』は17位となる。ただしスマートフォンだけの視聴を取ると『名探偵コナン』は総合5位、『おそ松さん』は6位と順位が入れ替わる面白い結果となった。
 Huluならではの特徴は、『名探偵コナン』、『アンパンマン』、さらに『HUNTER×HUNTER』(アニメ部門6位)、『ルパン三世』(同9位)といった日本テレビで放送されるタイトルが強みを発揮していることだ。総合1位の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけないシリーズ』も同様である。
 またHuluオリジナル番組の『デスノート NEW GENERATION』が総合7位。J:COMとHuluのみの配信となった『3月ライオン』は、アニメ部門14位と健闘している。

 アニメは邦画部門でランキングを席巻している。1位となった『秒速5センチメートル』をはじめ、ランキング5位までをアニメで独占した。
『秒速5センチメートル』は2016年大ヒットとなった『君の名は。』の新海誠監督の代表作、3位の『言の葉の庭』と共に、映画の人気がランキングに反映したかたちだ。
 ここでも『名探偵コナン』が人気となっている。2位は『劇場版 名探偵コナン 異次元の狙撃手』、5位は『劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者』、14位は『劇場版 名探偵コナン 天国へのカウントダウン』と3タイトルをランキングに送り出している。アニメ映画では『ワンピース』も、4位『ONE PIECE FILM STORONG WORLD』、8位『ONE PIECE FILM Z』、15位『ワンピース エピソード・オブ・アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』の3タイトルがランキングしている。

≪Hulu年間ランキング2016≫
http://hulu-japan.jp/on/ep11.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る