IGポート第2四半期は減収増益 アニメ制作軟調も、マンガ出版が躍進

ファイナンス決算

 アニメ製作大手のIGポートが、2017年1月13日に2017年5月期第2四半期(17年6月~11月)の決算発表を行った。連結売上高は27億1200万円(33.3%減)、営業利益は2億1600万円(45.3%増)、経常利益は2億1100万円(44%増)、当期純利益は9000万円となる。
 連結売上高は3割を超える減少となったが、出版事業の好調もあり利益面では大きく伸長した。売上げ減少は、作品企画の端境期にあたったためとしており、通期連結では前年比9.0%減の72億9000円を予想している。

 主力の映像制作事業は、売上高11億800万円と前年比で56.8%減となった。1億8800万円の損失を計上する。売上にはプロダクション I.G、ジーベック、WIT STUDIO、SIGNAL.MDの各制作会社の売上が含まれる。期間中の主要作品は『黒子のバスケ総集編』、『フューチャーカード バディファイトDDD』、『ハイキュー!!』3期、『競女!!!!!!!!』、『甲鉄城のカバネリ』などがあった。
 しかし、端境期になったこと、クオリティーを重視するためにアニメーション制作の受注を絞ったことから売上が落ち込んだ。下期にはSIGNAL.MDの劇場大作『ひるね姫 知らないワタシの物語』、WIT STUDIOの劇場版『甲鉄城のカバネリ』、『進撃の巨人』第2期、プロダクション I.Gの『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』などの有力作品が相次ぐ。
 
 一方、出版事業は好調だった。売上は8億9700万円と映像制作事業に匹敵する。利益は2億4700万円になる。
 アニメ化関連作品が売り上げを押し上げ、『あまんちゅ!』、『魔法使いの嫁』が好調だった。これ以外でも「とつくにの少女」シリーズが特に販売好調としている。

 版権事業は、売上5億400万円(20.4%減)、1億6600万円(7.6%減)である。前年同期『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』の好調の反動も現れた。主要作品は「ハイキュー!!」シリーズ」、『進撃の巨人』、「エヴァンゲリオン」、「攻殻機動隊」シリーズ」だった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る