日本、北米、中国の3地域、2016年映画興行市場いずれも過去最高に

映画ビジネスのニュース

 映画興行市場が世界的に成長しているようだ。2016年は北米(米国・カナダ)、中国、日本の世界の映画興行のトップ3マーケットが前年比で売上げが増加し、いずれも過去最高となったことが分かった。
 まず北米ではBOX OFFCE MOJOによれば2016年の興行収入の総合計は、113億3100万ドル(約1兆3200億円)になる。これは2015年の111億2800万ドルから1.7%の伸びだ。伸びは低いが年間興収の過去記録を更新した。
 また中国の年間興収は、中国の映画ビジネス情報のエンタ・グループが457億1200万元(約7660億円)と見積もる。前年比3.7%増、こちらも伸び率は低いが歴代最高となっている。

 一方、日本は国内の映画興行統計をまとめる日本映画製作者連盟が、2016年12月までの売上げが2300億円に達すると見通している。これは2015年の2171億1900万円から約6%の増加となる。また過去最高であった2010年の2207億3700万円を超え、6年ぶりに年間記録を越える見込みだ。
 好調な売り上げの理由は、話題作のヒットが相次いだことだ。8月に公開された新海誠監督の劇場アニメ『君の名は。』が12月末までの段階で213億円を超え、2015年12月公開の『スター・ウォーズ フォースの覚醒』が110億円、16年7月公開の『シン・ゴジラ』が80億円をそれぞれ超えている。『君の名は。』は12月からは中国でも上映され、現在までに興収5億6820万元(約95億円)に達した。中国で公開された日本映画としては過去最高の興収で、2016年のアニメーション映画では『カンフー・パンダ3』、『ズートピア』に続く第3位となった。

 その中国市場は史上最高を記録したものの市場の見方は厳しい。2015年の前年比48.7%増に比べて成長が大幅にダウンしているためである。エンタ・グループによれば、9月は前年比33%減、10月に19%減、11月に5%減と減少が続き、とりわけ下半期がきつかった。
 中国では2016年に新たに1612の劇場がオープン、スクリーン数は9552増えた。スクリーン数の総合計は4万1000以上にもなる。人口の多い国ではあるが競争が激しい。こうしたなかで平均チケット価格が前年比で15%下落したことが響いた。
 中国市場は2017年にも世界最大の北米市場を抜くと見られていたが、最近の元安傾向もあり2016年では北米市場の6割程度にとどまった。北米を超えるには、まだしばらく時間がかかりそうだ。なお中国では2016年に772本の中国映画が公開されたがアニメーションはこのうちの49本、6%程度にとどまっている。

 一方、北米市場を牽引したのは、アニメーション映画とアメコミ原作の大作映画である。年間興行のトップは4億8630万ドルのピクサー・アニメーションスタジオによる『ファィンディング・ドリー』、2位には4億810万ドルの『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』が続いた。
 トップ10のうち、『ファィンディング・ドリー』、『ペット』(4位)、『ズートピア』(7位)とアニメーションが3本、そしてアメコミ原作は『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』、『デッドプール』(6位)、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(8位)、『スーサイド・スクワッド』(9位)、『ドクター・ストレンジ』(10位)と5作品になる。日本ではアニメ映画とマンガ実写化作品が興行を席巻するが、北米の状況もこれによく似ている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る