「イントゥ・アニメーション8」、8月に国立新美術館で6年ぶりに開催

イントゥ・アニメーション8

 日本アニメーション協会(JAA)は、今夏、2023年8月4日から8月7日まで、東京・六本木の、国立新美術館3F講堂・研修室にてアニメーション上映イベント「イントゥ・アニメーション8」を開催する。JAA会員による100本を超える作品上映やトークイベント、ワークショップなどを実施する。
 4日間の開催期間中は、JAA会員が制作する近作・最新作をたっぷりと紹介する。「ファンタジー」「アドベンチャー」「テクニック」「ヒューマンドラマ」「ファミリー」の5つのテーマ別の上映。「90年代アニメーション」、「実験アニメーション」や「韓国インディペンデント・アニメーション」、「コマ撮りアニメーション」など特集も多彩だ。2021年に逝去した大塚康生氏を追悼するプログラムも注目のひとつだ。
 またアニメーション体験ワークショップ映像、展示コーナーなども様々なかたちでアニメーションの魅力を体験できる。

 日本アニメーション協会は、1978年に設立されたアニメーション文化の振興と会員の親睦を目的とする団体。初代会長は手塚治虫が務め、アニメーション作家、制作者、研究者などが加入する。現在の会員数は約200名。
 現在はアニメーション作家の水江未来氏が会長となっている。水江氏は、今回はフェスティバルディレクターも務め、メインビジュアルもデザインするなど大きく活躍する。

 イントゥ・アニメーションは、1997年に初めて実施された。第6回より国立新美術館を会場としている。
 2017年8月の第7回が最新で、コロナ禍を挟んだことにより今回は6年ぶりの実施となる。それだけに、パワーも爆発しそうだ。

イントゥ・アニメーション8
公式サイト http://www.jaa.gr.jp/into

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 「アニメーションの表現」
     2023年10月23日から11月1日まで開催されている第36回東京国際映画祭は、昨年より上映本数、…
  3. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
     日本を代表するアニメーション作家として、いま“和田淳”を筆頭に挙げる人は多いだろう。2010年に『…
ページ上部へ戻る