世界各地から67作品、新千歳国際アニメーション映画祭がコンペティションのノミネート発表

新千歳空港国際アニメーション映画祭2016

国際空港で開催される国際映画祭、そんなユニークなかたちで始まった新千歳国際アニメーション映画祭が3回目を迎える。今年も11月3日から6日までの4日間、北海道の新千歳空港ターミナルビルのソラシネマちとせ、センタープラザなどに国内外から多彩な作品が集まる。
映画祭が卓越しているのは会場だけでない。ジャンルも国境も超えるボーダレス感覚が、ここならではの特徴だ。チッコの巨匠ヤン・シュヴァンクマイエル監督の『アリス』があるかと思えば、一大ムーブメントを巻き起こしたアイドルアニメ『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』の応援上映もある。宮崎駿監督の『風立ちぬ』はまさかの爆音上映、さらにアヌシー国際アニメーション映画祭長編部門でグランプリの『エイプリル・アンド・ザ・エクストラオーディナリー・ワールド』や、インドネシアの2D作品『バトル・オブ・スラバヤ』と縦横無尽だ。幅広い映画ファンが楽しめそうだ。

とは言え、やはり映画祭の華となるのは、コンペティションである。新千歳では、インターナショナルコンペティション、インターナショナルコンペティション ファミリー、日本コンペティション、ミュージックアニメーションコンペティションの4つに分けてアワードを競う。
そのノミネート作品が、このほど発表された。応募総数は過去最大の1232作品、66ヵ国・地域から寄せられた。開催3回目としては、相当な数と言っていいだろう。すでに海外から認知度も高まりつつある。

コンペインしたのは、インターナショナルコンペティションが36作品、インターナショナルコンペティション ファミリーが9作品、日本コンペティションが9作品、ミュージックアニメーションコンペティションが13作品である。新しい映画祭ならでは、世界の最先端を目指した感性も光るラインナップだ。
日本や米国、フランスなどは勿論、ヨーロッパ各国、メキシコ、レバノン、チリ、コスタリカなど多様な国からの作品が並ぶ。韓国、中国、シンガポール、台湾など東アジアの作品が多いのは、日本の土地柄かもしれない。

コンペティション作品には、ザグレブ国際アニメーション映画祭でグランプリの折笠良の『水準原点』、広島国際アニメーションフェスティバルでグランプリに輝いたばかりのDahee Jeongの『The Empty』などもある。日本からは折笠良以外に、『サティの「パラード」』(山村浩二)、『SOLITARIUM』(榊原澄人)、『私には未来がある』(大内りえ子)も挙がった。
さらにインターナショナルコンペティション ファミリーには、『こにぎりくん』(宮澤真理)。ミュージックアニメーションコンペティションは、5作品が日本からだ。『Cumhur Jay ”On & On”』(谷口暁彦)、『夜明け前のレゾナンス』(百舌谷)、『Meishi Smile “Belong』(前田結歌)、『Olga Bell – ATA』(橋本麦)、『するれありすもす』(KEBLUJARA)である。

新千歳空港国際アニメーション映画祭 2016 
http://airport-anifes.jp/competition/nominate/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る