トムスのYouTubeラテンアメリカチャンネル登録者100万人、西語・ポルトガル語展開に成果

TMS Anime Latino

 アニメ大手のトムス・エンタテインメント(TMS)が、ブラジル・メキシコ・アルゼンチンなどのラテンアメリカ地域での自社作品のプロモーションを積極的に進めている。同社が2020年にスタートしたラテンアメリカ向けのYouTubeチャンネル「TMS Anime Latino」の登録者数が、このほど100万人を突破した。TMSによれば、およそ2年半で視聴時間は延べ27億分以上、再生回数は2億9280万回にも達した。
 「TMS Anime Latino」は2020年6月にラテンアメリカ地域のファンに、TMSの作品の情報ハブになるようにとの目的でスタートした。特徴は人気の日本アニメをスペイン語とポルトガル語の字幕、吹替えで配信していることだ。現在は『ソニックX』、『神様はじめました』、『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』をはじめ、30タイトル以上を提供している。

 番組本編だけでなく、予告編やカット映像、インタビューなども公開している。作品とTMSの認知度向上に大きな役割を果たしている。
 100万人突破記念としてチャンネルでは11月11により特別企画を組んでいる。『NOMAD メガロボクス2』、『Dr. STONE』(第2期)、『魔法騎士レイアース』のスペイン語/ポルトガル語の吹替版、『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』やウォッチパーティーなどをスケジュールしている。

 近年、日本アニメの海外市場が急拡大しており、日本のアニメ企業各社は海外に向けたプロモーションも積極的になってきた。しかし従来の海外マーケットは北米、西ヨーロッパ、東アジアなどに集中してきた。
 一方で今後は、それ以外の地域のファンの取り込みも鍵になる。ラテンアメリカは日本アニメファンが多い一方で、マーケットプロモーションが薄かった地域だ。「TMS Anime Latino」は制作会社が自らこの地域の開拓に挑戦するものだ。
 吹替版の充実はその鍵だ。コアファンには字幕を好むものも少なくないが、一般層の視聴獲得には吹替が大きな力を発揮するからだ。100万人突破はラテンアメリカ攻略の第一歩、今後のさらなる取り組みが注目される。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る