YKKオリジナルアニメ第3弾、制作はスタジオコロリド YouTubeから世界発信

FASTENING DAYS 3

 ファスナーの世界的なブランドであるYKKが、2014年よりアニメを通じて新しいカルチャー発信に挑戦している。2014年と2016年の2度にわたり展開したオリジナルアニメプロジェクト『FASTENING DAYS』の最新プロジェクトが、この9月にスタ-トにした。
 第3弾でも新作オリジナルアニメを制作した。ショートアニメ『FASTENING DAYS 3』を、3つのエピソードにわけて3週連続でネットにて公開している。エピソード1は9月6日に公開されたが、わずか一週間で再生数は180万回を超える人気を集めている。

 YKKは1934年にファスナーの加工・販売の会社として設立された。ファスナーの世界トップブランドとして成長し、現在はさらに窓やサッシ、ドア、ビル用品などを幅広く手がける。売上高は年間で7000億円を超える巨大企業である。
 そんなYKKが企業カルチャーを伝えるこれまでにないメディアとして制作されたのが、『FASTENING DAYS』のアニメシリーズである。作品は商品や企業そのものでなく、YKKが取り扱う“ファスナー”、そこから派生する“つなぐ”というテーマを届ける。
 映像作りにあたっては既存のキャラクターや作品ではなく、登場人物や世界観も今回の映像のために新たに企画している。本来は企業コマーシャルの役割が求められるはずだが、作中には“YKK”の社名やブランドはなく、具体的な製品は現れない。企業プロモーションとして異色だが、それが逆に強い印象を残す。第1弾、第2弾だけで世界で1300万回以上再生されるほどの関心を呼んでいる。

 制作のスタッフにも手を抜かないのも、『FASTENING DAYS』の特長である。第1弾から第3弾まで、いずれも独自の作風で人気の高いスタジオコロリドがアニメーション制作を担当した。
 第1弾、第2弾の監督は『ひなたのアオシグレ』の石田祐康、今回はアニメ『宇宙兄弟』や映画『聖☆おにいさん』の演出の柴山智隆が務めた。スタジオコロリドならではの暖かいイメージが映像にいっぱい溢れている。
 またテーマソングにはアーティストユニットのPerfumeを起用してきた。Perfumeは日本だけでなく、海外でもとりわけ人気が高いことで知られている。『FASTENING DAYS』が海外に向けても発信していることが分かる。
 実際にアニメは日本語のほか英語音声、さらに字幕でスペイン語、中国語(簡体字)、フランス語、タイ語、ベトナム語に対応する。全7カ国語での配信となっている。『FASTENING DAYS 3』エピソード1も8割以上が外国語版での視聴になっている。
 世界の共通語ともいえるアニメが、世界に向けた情報発信にうまくマッチしているともいえる。アニメを使ってメッセージを届けることが、グローバル企業にとってよい方法になったというわけだ。

『FASTENING DAYS』スペシャルサイト
http://goo.gl/eUoK6w

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る