「MANGA都市TOKYO」、開催1ヵ月延期で8月12日から

「MANGA都市TOKYO」

 日本のマンガ、アニメ、ゲーム、特撮といったポップカルチャーを一望し、その深層を解き明かす企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」の開催期間が変更される。当初は東京・六本木の国立新美術館にて2020年7月8日から9月22日までを予定していたが、開幕が8月12日と約1ヵ月先送りになる。終了も11月3日と1ヵ月半後ろ倒しになる。
 会期の変更は、新型コロナウィルス感染拡大の対策の影響を受けたもの。会場となる国立新美術館は2月29日より臨時休館入り、再開は6月24日となる。この間に予定されていた展覧会で中止、延期が出たことで、その後に予定されていた「MANGA都市TOKYO」のスケジュールも再調整された。

 企画は2018年にフランス・パリで実施された「MANGA⇔TOKYO」を新たなかたちで紹介する凱旋展示である。最初の開催時期は東京オリンピックとも合わせられ、訪日外国人もターゲットにしていたが、当面は国内の観客が中心となりそうだ。
 また当面は金曜日、土曜日の夜間開館は行われない。展示にまつわる関連イベントも期待されるが、今後の発表となる。大型企画展だけに内容も期待されるだけに、告知に注意したい。

 「MANGA都市TOKYO」以外でも、全国でアニメ関連の企画展覧会の中止や延期は相次いでいる。大きなところでは4月18日から6月21日に青森県立美術館で開催を予定していた「富野由悠季の世界:ロボットアニメの変革者(イノベーター)」大幅に延期される。展覧会巡回で後に予定していた富山県美術館、静岡県立美術館で開催後の、今年度中での実施で調整中とのことだ。
 また岡山県立美術館で予定していた「高畑勲―日本のアニメーションに遺したもの」は、当初の4月10日スタートを4月29日に変更後、さらに延期、現在は当面延期とだけし、新たな日程は発表されていない。

「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
https://manga-toshi-tokyo.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る