エイベックス第1Qアニメ事業は増収減益 全体では業績急回復

ファイナンス決算

 音楽・映像などを展開するエイベックスの業績回復が続いている。2022年8月4日に発表された23年3月期第1四半期の業績は連結売上が前年同期比で46.6円増、284億7300万円と高い伸びをみせた。さらに利益では営業利益が前年の2億6200万円から22億8800万円に、経常利益は2億800万円から22億5000万円に、当期純利益は1100万円から16億7500万円に急伸している。
 回復はコロナ禍対応が進みライヴ公演数が増加したこと、また音楽事業のパッケージ販売数も増加した。一方で同社は「ライヴ市場に依存しない収益構造の確立」と「海外市場と新たなテクノロジーの開拓」を掲げている。現在はライブイベントの有料配信、音楽ストリーミングの販路拡大を目指している。

 新分野や海外マーケット期待されるひとつは、アニメ・映像事業である。エイベックス・ピクチャーズが中心となる部門である。
 こちらは売上高が増収ながら、営業利益は減少した。売上高は34億6100万円(40.8%増)、営業利益は3億3400万円(20.2%減)だ。 同社区分するアニメパッケージとそれ以外のアニメノンパッケージの区分ではいずれも売上は増加した。アニメパッケージは7億7500万円(17.7%増)、ノンパッケージは26億8500万円(49.3%増)だ。
 期間中は『パリピ孔明』や『キングダム』第4期、さらに配信向けの『スプリガン』といったタイトルが中心だ。『パリピ孔明』は音楽が作品の主題になっており、オープニング、エンディング、挿入歌も話題を呼んでいる。
第2四半期以降も話題作が続く、配信向けでは人気シリーズのスピンオフ『賭ケグルイ双』、シリーズ作品は『テクノロイド オーバーマインド』、映画では7月8日公開の『おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~』、10月公開『ぼくらのよあけ』などである。実写映画でも岡田准一や坂口健太郎が出演する『ヘルドッグ』が控えている。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る