「呪術廻戦 0」が終幕、国内137億円・世界興収230億円以上の大ヒット

呪術廻戦 0

 2022年12月24日に公開し、大ヒットになった『劇場版 呪術廻戦 0』が5月28日に「終幕」と題して劇場公開を終了した。TOHOシネマズ新宿では最終日の舞台挨拶が実施され、朴性厚監督、アニメーション制作MAPPAの代表取締役・大塚学、アニメーションプロデューサー・瀬下恵介、さらに緒方恵美ら声優陣が登壇。全国342館に生中継する異例のフィナーレとなった。
 最終日の破格の盛り上げは、本作の大ヒットの結果を受けてのものだろう。5月28日までの公開156日間で動員数977万人以上、興行収入137億円突破する記録破りの成果となったからだ。これは国内興行成績で歴代14位に相当する。

 『劇場版 呪術廻戦 0』は、海外でもヒットを続けている。海外配給をするクランチロールによれば、22年5月まで世界70ヶ国以上で劇場公開、日本を含むグローバルでの興行収入は1億8700万ドル(237億円)に達した。国内興行を除いてもおよそ100億円の興行収入があった計算だ。
 今後公開される国もあるが、これまでに北米2500スクリーン以上、ヨーロッパ/中東/アフリカで1800スクリーン以上と大規模な配給でファンのニーズに応えた。なかでも北米(米国・カナダ)は興行収入3400万ドルと日本円で40億円以上の結果を残す。それ以外の国でもフランスで週末興行3位、メキシコで週末興行2位、アルゼンチンで3位など広い地域で作品が支持されていることが分かる。 

『劇場版 呪術廻戦 0』
https://jujutsukaisen-movie.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開し…
  2.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
  3. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
ページ上部へ戻る