WOWOWオリジナルアニメ「火狩りの王」製作発表 監督・西村純二、脚本・押井守

火狩りの王

 2022年1月30日にオリジナル長編アニメ『永遠の831』を初放送したWOWOWが、自社オリジナルアニメの事業をさらに拡大するようだ。WOWOWは『永遠の831』の放送後、本作を映画としてあらためて2022年3月18日から劇場公開すると発表した。
 公開劇場は東京・新宿ピカデリーの他、現在イオンシネマ系を中心に30余りがリストアップされている。上映劇場は今後さらに増える予定としており、全国の多くの地域でスクリーン鑑賞が出来そうだ。
 『永遠の831』は「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズや『東のエデン』などの人気作を生みだしてきた神山健治が監督・脚本を手がけた。オリジナル長編としては5年ぶりとなる。注目度が高いが、有料放送のWOWOW有料放送だけでは作品の広がりが限定されるとも見られていた。それを劇場公開することで、さらに多くのファンにリーチする。今回は製作だけでなく、劇場配給もWOWOWが手がける。同局の劇場アニメビジネス進出としても関心を集めそうだ。

 さらに同日、もうひとつ発表があった。WOWOWオリジナルアニメのさらなる製作だ。日向理恵子の長編ファンタジー小説『火狩りの王』をアニメ化する。日向理恵子は『雨ふる本屋』『魔法の庭へ』などで知られる児童文学の旗手。「火狩りの王」シリーズは、人類最終戦争後に人々の間に人体発火病原体の感染が広がるなか二人の少年少女を主人公に物語を進める。

 監督は『今日からマ王!』『truetears』の西村純二、構成・脚本は『GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊』『機動警察パトレイバー』監督の押井守。ふたりは長年多くの仕事を共に手がけ、直近では押井守が原作・総監督の『ぶらどらぶ』を西村が監督している。児童文学と押井守の組み合わせも話題を呼びそうだ。
 アニメーション制作はシグナル・エムディが担当する。『プラチナエンド』や『サイダーのように言葉が湧き上がる』『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』など長編、テレビシリーズ共に代表作がある。
 
 ただし今回発表されたのは、アニメ制作決定と、この2名スタッフ、制作会社のみ。作品のフォーマットやリリースのかたち、放送時期などは明らかにされていない。続報を待つことになる。

WOWOWオリジナルアニメ『火狩りの王』
https://www.wowow.co.jp/hikari-info/
原作:日向理恵子 絵:山田章博
監督:西村純二
構成・脚本:押井守
アニメーション制作:シグナル・エムディ

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開し…
  2.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
  3. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
ページ上部へ戻る