位置情報ゲーム「テクテクライフ」が「呪術廻戦 0」とコラボ、「エヴァ」に続く大型企画

テクテクじゅじゅめぐり

 マーケティングソリューションのCDGと、インターネットゲームサービスのテクテクライフが、スマートフォン向け位置情報ゲーム『テクテクライフ』において、『劇場版 呪術廻戦 0』とコラボレーションしたサービスを展開する。劇場公開記念の特別コラボレーション「テクテクじゅじゅめぐり」だ。
 2021年12月17日から2022年2月28日まで、『テクテクライフ』の地図機能を活用したデジタルスタンプラリーがゲーム上で展開する。『劇場版 呪術廻戦 0』の上映映画館や映画とコラボレーションする飲食店や施設など全国約15000ヶ所をスポット化する。プレイヤーは実際にスポットを訪れて画面をタップするとチェックインできる。その際に画面に呪術廻戦のキャラクターが登場し、特典情報などを得ることができる。

 『テクテクライフ』は2020年10月に提供を開始した位置情報ゲームだ。ドワンゴが2018年11月から配信し2019年6月にサービスを終了した『テクテクテクテク』を前身に機能を全面的にリニューアルした。劇的な復活でも話題になった。
『テクテクライフ』では『テクテクテクテク』にあった対戦要素をなくし、「街を歩きながら地図を塗る」といコンセプトに特化した。実際に訪ねた場所を一つずつ塗りつぶしていくシンプルなプレイが人気を集めている。
 また「スポット」をめぐるデジタルスタンプラリー機能が特徴で、ネット時代の新たしいエンタメとして注目されている。デジタルスタンプラリー機能ではスポット化した店舗や施設などをプレイヤーがチェックインするとことで、情報やクーポン、景品をプレゼントできる。様々なプロモーションにも活用できる。
 「テクテクじゅじゅめぐり」では、10ヶ所のスポットにチェックインするごとに『劇場版 呪術廻戦 0』のグッズやオリジナルスマホ壁紙の抽選に参加できる。コラボアイテムやコラボ称号といったスタンプラリー機能も充実させる。

 『テクテクライフ』では、これまでも作品や地域、企業などとコラボレーションを実施してきた。静岡県の天浜線・遠州鉄道との「テクテク浜松めぐり」、北海道・網走のJR釧網本線との「テクテク釧網本線めぐり」などだ。アニメでは『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開に連動した「シン・テクテクエヴァめぐり」が大型企画として人気を呼んだ。
 今後も『テクテクライフ』の機能をいかしたコラボレーションの企画を進めるとしている。昨今は聖地巡礼などアニメと結びついた外出も多いだけに、今後もこうした企画の登場が期待される。

テクテクライフ https://www.tekutekulife.com/
「テクテクじゅじゅめぐり」 https://www.tekutekulife.com/jujumeguri

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ANNECYYAMADA
     2022年6月13日にフランスのアヌシーで始まった国際アニメーション映画祭に、日本からゲストが次々…
  2. 新潟国際アニメーション映画祭
     2000年代に入り、アニメーションのグローバルな広がり一段と進んでいる。日本は世界有数のアニメーシ…
  3. 諸葛四郎
     2022年4月21日より、東京・虎ノ門の台湾文化センターにて、「タイワニーズ・アニメーション~最新…
ページ上部へ戻る