手塚治虫の漫画原稿からNFTアート、手塚プロダクションがオークション販売


 日本マンガの巨匠・手塚治虫の描いた数々のマンガの原稿が、いま注目を浴びているNFT(Non Fungible Token:の非代替性トークン)アートとなる。手塚治虫の作品やキャラクターを管理する手塚プロダクションが準備を進めている。
 プロジェクトは「From the Fragments of Tezuka Osamu(手塚治虫のかけらたちより)」と名付けられ、公式もオープンした。最初の作品は『鉄腕アトム』を題材としたデジタルモザイクアートになり、2021年秋にオークションのかたちで販売する予定だ。それ以降も、手塚治虫の様々な作品を題材にNFT作品を順次リリースするという。

 NFTはブロックチェーン技術を使うことで、デジタル上に存在するデータが本物であることを証明する。デジタルデータは通常、品質を落とすことなく容易にコピーすること出来るためオリジナルとコピーの違いを立証することが難しい。
 しかしNFTを使うことで、他のデータから区別された真正証明が可能になる。またデータを売買、譲渡することで所有権の移転も出来る。とりわけデジタルアートの分野では、流通を活性化する新たな技術として注目され、コレクション需要も高まっている。

 手塚プロダクションによれば、今回の作品は手塚治虫が描いてきたマンガ原稿が素材になる。長年描いた原稿のデータを40000点以上の小さい正方形に裁断、それを配置することでお馴染みのキャラクターを描き出す。また背景には840枚のカラー原稿を使用する。特に貴重とされている8点の表紙・扉絵が含まれているのが売りとなっている。手塚プロダクション公認というのも、差別化になりそうだ。
 現在、マンガやアニメの分野でも、NFTの活用が様々なかたちで摸索されている。しかし、その成果はこれからになる。「From the Fragments of Tezuka Osamu」は、今後のNFTの活用方法として参考に参考にされそうだ。

「From the Fragments of Tezuka Osamu(手塚治虫のかけらたちより)」
https://tezuka-art.nftplus.io/ja

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  2. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  3. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
ページ上部へ戻る