キャラクタービジネス情報をアジアに発信 「CharaBiz.Asia」がオープン

キャラクター・データバンク

アジア地域のコンテンツ関連ビジネス関係者をターゲットに、日本のキャラクタービジネスを伝える情報サイトが、2016年10月よりスタートしている。アジア地域でアニメやキャラクターを使ったプロモーション・企画を進めるトキオ・ゲッツが、「CharaBiz.Asia」をオープンした。
「CharaBiz.Asia」は、トキオ・ゲッツがキャラクター・データバンクと事業提携することで実現した。キャラクター・データバンクは、国内でキャラクタービジネス情報配信の「CharaBiz.Com」を運営している。新サイトは、この海外版といったコンセプトになっている。

サイトはアジア地域でも利用が多い英語で、毎週火曜日に更新される予定だ。記事はアジアにおけるキャラクタービジネスと日本におけるキャラクタービジネスから構成されている。日本の情報だけでなく、独自のリサーチや当該地域のオリジナルな内容も含まれる。「CharaBiz.Com」と「CharaBiz.Asia」が掲載記事を共有する。
トキオ・ゲッツはアジアのキャラクタービジネスにかかわるビジネスパーソンに有益な情報を提供することで、日本とアジアのキャラクタービジネスをつなぐことを目指す。近年、アニメやマンガなどのコンテンツビジネス関係者からのアジア地域への関心が増しているが、情報交換はまだまだ不十分だ。サイトは国内外から活発に活用されそうだ。

トキオ・ゲッツは1998年より、日本と東南アジアをエンタテイメントでつなぐビジネスを展開している。台湾、インドネシア、タイなどを中心に、ライセンシングプロモーションやライセンス契約のサポートで実績を持っている。
一方キャラクター・データは、2000年に設立。長年、国内のキャラクターに関する市場調査、リサーチで高い実績で知られている。

CharaBiz.Asia
https://charabizasia.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る