“アニメとマンガの今”をトーク、約20セッションで「IMART2021」開催

IMART

 2月26日と27日の2日間、アニメとマンガのカルチャーやビジネスの今をテーマにしてカンファレンスイベントがオンラインで開催される。アイマート実行委員会が主催する「第2回国際マンガ・アニメ祭Reiwa Toshima(IMART)」である。
 IMARTは2019年11月に、文化庁や東京都豊島区の支援を受けて第1回を開催した。国内外から80名の登壇者を招いた計24セッションには、約2000名が参加。文化・社会・ビジネス・海外・ITテクノロジー・ジャーナリズムなど幅広いテーマは大きな反響を呼んだ。

 第2回はこうした活動を継続したいと行政の手を離れて有志が実行委員会を設立して実現するものだ。前回と同様、アニメとマンガのホットなトピックスを約20セッションにわたり届ける。
 主催以外にも大きな変更点がある。現在の新型コロナ感染症の拡大の状況から、全セッションのオンライン配信にて実施する。参加者は26日と27日のライブ配信に加えて、後日、全セッションのアーアイブ配信も視聴可能だ。
 前回は地方在住のため参加できなかった、また気になるセッションが同時進行して片方を断念したとの声も聴かれた。今回は、こうしたことも避けられる。
 チケットは2日間のライブ配信とアーカイブ配信を視聴するタイプひとつに統一している。25日24時まで本発売よりかなりリーズナブルに購入出来るクラウドファンディングが進行している。

 セッションは前回に続き、アニメとマンガの分野から、それぞれ業界を代表する人物が登壇。『シドニアの騎士』や『亜人』を制作、海外展開も積極的なポリゴン・ピクチュアズ 代表取締役の塩田周三氏、そしてデジタル出版の台風の目となっているメディアドゥ 取締役 CBDO、そしてグローバルアニメコミュニティMyAnimeListのCEOでもある溝口敦氏と目が離せない。
 このほかコロナ禍でのイベント運営、海外とのアニメ制作、アニメ評論、ゲームエンジンとアニメ、アニメーション作家、侵害コンテンツ対策、マンガエージェント、マンガとテクノロジーなど多彩である。前回に引き続き、幅広い知見が披露されそうだ。

「第2回国際マンガ・アニメ祭Reiwa Toshima」開催支援プロジェクト
https://motion-gallery.net/projects/imart#

「第2回国際マンガ・アニメ祭Reiwa Toshima」
2021年2月26日(金)・27日(土)(オンライン開催)
収録会場:ハレザ池袋 豊島区民センター
主催:アイマート実行委員会、共催:豊島区 

【基調講演】
■「CGアニメーションにおけるクリエイティブと経営」(仮)
塩田周三 (ポリゴン・ピクチュアズ 代表取締役)

■「ジャパンコンテンツの海外展開」
溝口敦 (メディアドゥ 取締役 CBDO/MyAnimeList CEO)

【セッション一覧】 (1月23日まで発表済分)
■「コロナ禍におけるアニメ・マンガイベントの運営」
小野朋子 (新千歳国際空港アニメーション映画祭 チーフディレクター) 
柿崎俊道 (聖地会議 代表取締役/聖地巡礼プロデューサー) ほか
モデレーター: 藤津亮太(アニメ評論家)

■「アニメ業界 女性の働き方」
竹内文恵 (アスミック・エース ライツ事業本部 アニメ企画部長) 
柳川あかり (東映アニメーション 営業企画本部 企画部 海外映像企画室 プロデューサー) 
須川亜紀子 (横浜国立大学都市イノベーション研究院教授/日本アニメーション学会会長)
モデレーター: 川俣綾加(アニメ&漫画ライター)

■「クリエイター、編集者、プロデューサーの『あの日』と『これから』」
ゲスト:調整中
モデレーター: 平澤直 (アーチ代表取締役/グラフィニカ代表取締役/YAMATOWORKS 取締役/ゆめ太カンパニー取締役)

■「国境を越えてアニメーションを作る」(仮)
ジュリアン・ライハン (クランチロール 日本およびアジア担当 オリジナル・事業開発ヘッド) 
荒牧伸志 (映画監督)
モデレーター:数土直志(ジャーナリスト)

■「ソフトウェアやゲームエンジンがアニメーション映像制作にもたらすもの」
谷口暁彦 (メディアアーティスト) 
ギンツ・ジルバロディス (アニメーション監督)
モデレーター:土居伸彰 (新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター)

■「アニメ批評の現在2021『世界観構築』時代のエンタテインメントから考える」
石岡良治 (アニメ批評/早稲田大学 文学学術院 准教授) 
渡邉大輔 (批評家・映画史研究者) 
都留泰作 (漫画家)
モデレーター:高瀬康司(アニメーション研究・批評)

■「個人作家のキャリアデザイン2」(仮)
山村浩二 (アニメーション作家/東京藝術大学大学院アニメーション専攻教授)
岡本美津子 (プロデューサー/東京藝術大学副学長・同大学院映像研究科教授)
モデレーター:土居伸彰(新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター)

■【特別講演】解説「侵害コンテンツのダウンロード違法化」&「リーチサイト規制」
赤松健 (漫画家/日本漫画家協会常務理事)
モデレーター:福井健策(弁護士・骨董通り法律事務所/for the Arts代表パートナー)

■「マンガテック2020中間報告 漫画とスタートアップ」(仮)
森通治 (集英社 新規事業開発部・ゲーム事業・映像事業開発課主任)
大藤充彦 (ツクリエ取締役/マンガテック プロデューサー) ほか
モデレーター:けんすう(アル代表取締役)

■「新世代マンガエージェントの現在と展望」(仮)
石原史朗 (コンパス代表取締役) 
鈴木重毅 (スピカワークス代表取締役)
モデレーター:小林琢磨(ナンバーナイン代表取締役)

■「マンガ動画元年”を終えて考える、マンガ動画の過去、現在、未来」(仮)
ゲスト:調整中
モデレーター:前田雄太 (まんがたり代表取締役)

*うめ 小沢高広(漫画家)、芹田治(エコーズ代表取締役Founder)ほか 未発表セッションあり

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  2. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  3. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
ページ上部へ戻る