Amazonプライム・ビデオ 「ドラえもん」が2016年総合ランキング1位 ファミリーアニメが人気

Amazonプライム・ビデオ

アニメやドラマ、映画を映像配信プラットフォームでの視聴が、近年、急激に拡大している。なかでも定額課金で膨大な作品が見放題となるサービスの人気は高い。しかし、ユーザーはこの定額課金サービスで、一体どんな番組を観ているのだろうか?
amazon.co.jpが2016年12月2日に発表したAmazonランキング大賞2016のプライム・ビデオ総合部門のランキングが、その一端を明かしている。Amazonプライム・ビデオは2016年9月24日にサービスをスタート、低価格で豊富なラインナップが注目されユーザーを急拡大している有力サービスだ。

総合ランキング1位になったのは、子どもから大人まで人気のアニメ『ドラえもん』だった。また第2位は『あたしンち』、3位は『クレヨンしんちゃん』と、トップ3をアニメが占めた。このほかにも5位『妖怪ウォッチ』、7位『ポケットモンスター』とファミリー・キッズ向けのテレビアニメが並ぶ。
映像配信でアニメの視聴が多いことはよく知られているが、Amazonプライム・ビデオでは子どもを含めた利用が多いようだ。映像配信の利用が、低年齢にも広がっていることが分かる。

ファミリー・キッズ以外のアニメでは、総合4位の『スラムダンク』が人気だ。広いターゲットに向けて世代を超えて愛される作品だ。
深夜アニメでは総合13位となった『Re:ゼロから始める異世界生活』の健闘が目立つ。このほかの深夜アニメの人気は、アニメ部門のランキングで確認出来る。『Re:ゼロ』に続くのは『甲鉄城のカバネリ』(アニメ3位)、『昭和元禄落語心中』(アニメ8位)、『ReLIFE』(アニメ9位)である。このうち『甲鉄城のカバネリ』と『昭和元禄落語心中』は、国内配信はAmazonプライム・ビデオの独占タイトル。独占配信が人気の一端を担っていることが分かる。

オリジナルタイトルの人気はアニメに限らない。8位には人気俳優ディーン・フジオカが主演するドラマ『はぴまり~Happy Marriage!?~』、17位には特撮ドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』がランキングする。さらに18位の『内村さまぁ~ず second』はバラエティのオリジナル番組だ。いずれもAmazonプライム・ビデオのみでしか観ることが出来ない。

ランキングは、Amazonプライム・ビデオで期間中配信された作品に限定されるため、単純に世の中の全体の人気を反映したものとはならない。しかし、映像配信で観られる作品の傾向を知るのには、よいデータだろう。

[Amazonランキング大賞2016] 
https://www.amazon.co.jp/b?node=4818407051&rh=i

■ プライム・ビデオ総合ランキング
1位 『ドラえもん』
2位 『あたしンち』
3位 『クレヨンしんちゃん』
4位 『スラムダンク』
5位 『妖怪ウォッチ』
6位 『内村さまぁ~ず』
7位 『ポケットモンスター』
8位 『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
9位 『勇者ヨシヒコと魔王の城【テレビ東京オンデマンド】』
10位 『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵【テレビ東京オンデマンド】』

■ アニメ部門ランキング
1位 『スラムダンク』
2位 『Re:ゼロから始める異世界生活』
3位 『甲鉄城のカバネリ』
4位 『機動戦士Ζガンダム』
5位 『機動戦士ガンダム』
6位 『ウサビッチ シーズン3』
7位 『ウサビッチ シーズン1』
8位 『昭和元禄落語心中』
9位 『ReLIFE』
10位 『ウサビッチ シーズン2』

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  2. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  3. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
ページ上部へ戻る