CGアニメスタジオANIMAが出版作品進出、スーパーバイザーに太田垣康男

『鉄輪のカゲ・ルイ』

 2020年3月のNetflixオリジナル映画『オルタード・カーボン:リスリーブド』でも注目されたCGアニメスタジオANIMA(アニマ)が、事業の多角化、作品の原作開発に意欲的だ。2020年より自社オリジナル企画とその映像化を視野にいれた「ANIMAオリジナル作品出版プロジェクト」をスタートしている。
 第1弾として6月23日から原作参加するマンガ『鉄輪のカゲ・ルイ』の連載を、電子書店イーブックジャパンにて開始した。原作はANIMAと『終局エンゲージ』の代表作がある江藤俊司、作画に井上菜摘、そしてスーパーバイザーとして『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の太田垣康男が参加する。またデジタルエージェンシーのナンバーナインが編集で協力する。

『鉄輪のカゲ・ルイ』の舞台となるのは、大和朝廷と蝦夷が東北で争っていた平安時代。戦いのなかで生まれた鬼を倒すため蝦夷の族長・アテルイと朝廷の真蔭が手を組む。アテルイは蝦夷に伝わる〈鉄輪〉による変身能力も使い、妻の敵討ちを目指す。連載初回は46ページの大ボリューム、第2回以降は隔週火曜日に新エピソードをアップする。

 アニマは1997年に設立、ゲームや映画、アニメ、遊技機などのCG映像制作で実績を残してきた。2011年にショートアニメ『CAT SHIT ONE -THE ANIMATED SERIES-』が第9回VESアワードにノミネートされるなど、その技術力の高さにはかねてより定評がある。
 近年は映像だけでなく、作品全体の制作も手掛けるようになっている。2020年3月に配信を開始した『オルタード・カーボン:リスリーブド』や、アニメ『モンスターストライク』などである。
 さらに今回、原作づくりに挑む。きっかけは2018年にスタジオ・トアと業務提携を締結したことだ。これにより人気マンガ家・太田垣康男が原作づくり参加するようになり、本格的なチームを編成した。企画・原作をチームで立案し、パートナー企業と共に作品を発表する。アニマは作品の原作と映像化権を保有し、映像化を目指す。
 第一弾の『鉄輪のカゲ・ルイ』はマンガになったが、既に第2弾も予定されている。こちらは小説で、『鋼鉄城アイアンキャッスル(仮題)』として、2020年末、小学館ガガガ文庫よりシリーズ刊行を予定している。両作品ともさらなる今後の展開が期待される。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る