声優・肝付兼太氏が逝去 「ドラえもん」スネオ役、ドナルドダック役などでお馴染み

肝付兼太

数々の人気アニメで個性アニメ番組プロデューサー及び海外向けアニメビジネス担当的なキャラクターを演じてきた俳優・声優の肝付兼太氏(本名:肝付兼正)が、2016年10月20日に逝去した。80歳だった。所属事務所の81プロデュースによれば、肝付氏はかねてより病気療養中のところに、肺炎を併発した。葬儀は、家族葬にて執り行われた。
肝付氏は1935年鹿児島県生まれ。映画やラジオドラマでのキャリアを振り出しに、テレビアニメの声優を多数手掛けるようになった。主役というよりも味のあるサブキャラクターを得意とし、『ドラえもん』のスネ夫、『おそ松くん』のイヤミ、『銀河鉄道999』の車掌など数々の印象に残る演技を残した。洋画アニメーションでは、ドナルドダックが当たり役だ。独特のダミ声は肝付氏ならではと言っていいだろう。
また劇団21世紀FOXを主宰し、舞台活動に取り組み、後進の育成にも力を注いだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「ラフ∞絵」展
    優れた絵はいかにして生まれるのか? その謎は絵を生みだす制作過程で見ることでわかるかもしれない。しか…
  2. ビリビリ ファニメーション
     2019年3月23日、国内最大規模の総合アニメイベントAnimeJapan 2019が、4日間の予…
  3. Syd Mead未来会議Vol. 04
     日本のSFアート、デザイン、設定を語る時に避けて通れない存在、それが「スタジオぬえ」だ。1974年…
ページ上部へ戻る