米国アニー賞ノミネート発表 「この世界の片隅に」「ひるね姫」「ダム・キーパー」など

アワード/コンテスト

 2017年12月5日、ア二―賞(Annie Awards)が、2017年度第45回のノミネートを発表した。過去一年間、米国で公開されたアニメーションの中から優れた作品とスタッフを選び、顕彰するものだ。
 とりわけ注目の高い長編アニメーション賞では、インディンペンド部門で日本の2作品が候補に挙がった。『この世界の片隅に』、そして『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』である。『この世界の片隅に』は第二次世界大戦前後の広島と呉を舞台に、片渕須直監督のもとMAPPAがアニメーション制作した。『ひるね姫』は、「攻殻機動隊 S.A.C」神山健治が監督。シグナル・エムディが制作を担当する。

 アニー賞は、国際アニメーション協会ハリウッド支部が、毎年主催している。映画、テレビを中心におよそ30部門から構成され、その重要性から「アニメーション界のアカデミー賞」と称されることも多い。
 映画ではメジャー配給の大作と、外国作品を中心とした限定公開作品を均等に評価しにくいと、2年前より公開館数1000を超える一般部門と1000館以下のインディペンデント部門に分けられている。2016年はスタジオジブリが出資する『レッドタートル ある島の物語』が、インディペンデント部門で最優秀賞を受賞した。

 『この世界の片隅に』、そして『ひるね姫』も、インディペンデント部門で名前が挙がった。他の3作品は『ゴッホ~最期の手紙~』、『The Big Bad Fox & Other Tales』、『The Breadwinner』と海外作品ばかりが並んだ。いずれもすでに国際映画祭で高い評価を受けており、賞レースは大激戦となる。
 一方、一般カテゴリーの長編アニメーション部門は、『Captain Underpants: The First Epic Movie』、『カーズ/クロスロード』、『リメンバー・ミー』、『怪盗グルーのミニオン大脱走』、『ボス・ベイビー』。ピクサー、ドリームワークス、イルミネーションのハリウッドスタジオのCG大作が並んでいる。
 全体でもディズニー・グループの強さが目立つ。『リメンバー・ミー』は全部で14ノミネートに挙げられ、テレビ作品でもミッキーの短編作品で6ノミネートなど、グループ全体で35のノミネートに輝いている。
 独立系の作品ではアイルランドのカートゥーンサルーンの『The Breadwinner』が10ノミネートと健闘が目立つ。『The Breadwinner』は、同日、ロサンゼルス映画批評家協会が発表した2017年のアワードのうち最優秀アニメーション賞を受賞している。一挙にアカデミー賞の有力候補に躍り出た。

 日本関連では、『この世界の片隅に』、『ひるね姫』以外にも話題がある。長編アニメーション部門プロダクションデザインで、スタジオポノックの『メアリーと魔女の花』が候補に挙がった。
 また最優秀スペシャル番組にノミネートされた『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』も日本と関係が深い。2015年に米国アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた堤大介、ロバート・コンドウ共同監督の『ダム・キーパー』からスピンオフした作品で、トンコ・ハウス制作、エリック・オー監督にて制作された。
 本作は日本のHuluのオリジナルとして製作され、配信作品としてリリースされた。製作出資も日本のHuluが中心となっている。本年のアニー賞にはアマゾンスタジオやNetflixの作品も多くみられるが、日本の配信オリジナルも存在感を示した。同部門には『アナと雪の女王』のスピンオフ『オラフのフローズンアドベンチャー』もノミネートしている。

 最優秀テレビアニメーション賞(こども作品部門)にノミネートした『Lost In Oz』も、そんなアマゾンスタジオの作品のひとつ。『オズの魔法使い』の後日談を見事なCGアニメーションで描き出した。
 このアニメーション制作は、日本のCGスタジオであるポリゴン・ピクチュアズが担当している。これまでも数々の海外作品で活躍してきたポリゴン・ピクチュアズがここでも高い評価を獲得した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る