「CGアニメコンテスト」を統合、「京都国際マンガ・アニメ大賞 2020」開催

アニメーター

 クリエイターのプロデビューを支援するコンテスト「京都国際マンガ・アニメ大賞 2020」が開催される。「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」の一環として2016年にスタートしたコンテストである。今年も国内外から作品募集し、優れたクリエイターをプロデビューに結びつける。
 受賞者は国内外から選ばれており、大賞受賞者の中からすでに5名が作家デビューしている。このうち3 名が日本でのデビューとなり、海外の優れたクリエイターを日本に呼び込む役割も果たしている。

 当初はマンガ部門のみだったが、2019年からイラスト部門(「イラストコンテスト」)を新設。さらに今年からCGアニメーション部門(「CG アニメコンテスト」)を設ける。より広いジャンルをカバーするコンテストに拡大する。
 応募はマンガコンテス、イラストコンテスト、CGアニメコンテストの部門別に、専用のウェブサイトより行う。募集締切りは2020年7月31日17時までとしている。選考のうえ、9月上旬ごろに受賞者を決定。9月下旬ごろに京都での授賞式を予定する。

 2020年から設けられるCG アニメーション部門は、CGアニメーションのコンペティションとして長い歴史を持つ「CG アニメコンテスト」を統合したものだ。名称も「第29回CGアニメコンテスト」と引き継いでいる。
 これによりイベント全体の名称も、「京都国際マンガ・アニメ大賞 2020」と変更されている。マンガ、イラスト、CGアニメーションの3分野で、多様な才能を持ったクリエイターの発掘・育成を目指す。

「CGアニメコンテスト」は、CGアートの黎明期である1988年に個人作家によるCGアニメーション作品の発表の場としてスタートした。ジャンルを横断した応募作、セレクションが特徴で、新海誠、吉浦康裕、石田祐康といったその後メジャーシーンで活躍するクリエイターなども含めて数多くの才能を輩出してきた。
 近年は開催時期や開催場所などが頻繁に移動するなど、やや判りくいかたちになっていた。「京都国際マンガ・アニメ大賞 2020」のひとつとなることで、応募者やアニメ関係者にもよりアピールするものになりそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る