DLEが米国ショート動画アプリTRILLERに投資、日本法人も設立

ファイナンス決算

 映像・キャラクター事業のディー・エル・イー(DLE)が、米国のショート動画配信アプリ運営のTrillerに出資する。現地法人DLEアメリカが出資する投資ファンドを通じて実施する。
 DLEはファンド全体の99%にあたる370万ドル(約4億円)を出資、ベンチャーキャピタルのペガサス・テック・ベンチャー(ペガサスファンド)が残りの1%を出資する。ペガサスファンドはDLEの親会社である朝日放送が2020年3月に米国に設立したばかり。既にショート動画の映像プラットフォーム運営のQUIBIに投資している。朝日放送にとってTrillerへの出資は、これに続くものだ。同社が北米のショート動画のプラットフォーム事業に、新事業の活路を見出していることがわかる。

 Trillerの運営する「TRILLER」は、音楽を主体としたショート動画を投稿するソーシャル機能を持ったメディアプラットフォームである。アプリは現在までに全世界で8000万回以上ダウンロードされるなど高い人気を誇る新興メディアだ。
 アプリの特徴は簡単にビデオ作成が出来ること、Apple MusicやSpotifyと統合できること、ワーナーミュージックやソニー、ユニバーサルといった主要レーベルと契約していることである。Snapchatとパートナーシップ契約を結んでいることから、Snapchatのユーザーにもリーチ出来るのも強みだ。
 またDLEは投資だけでなく、「TRILLER」の日本展開も担当する。Triller Japanの設立も予定している。

 DLEはショートアニメの制作で知られるが、キャラクターやコンテンツのブランディングも得意とする。ショート映像とブランディングのノウハウを「TRILLER」でも活用することになる。
 またクリエイティブ集団amidusの子会社化も、同時に発表している。同社の株式の80%を取得する。amidusはデザインや実写映像を得意とし、これらも「TRILLER」でも活かされることが期待される。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る