ソニーグループ、主要事業にアニメも 経営方針説明で戦略発表

企業ニュース

 2020年5月19日、ソニーは会社商号のソニーグループの変更やソニーフィナンシャルホールディングスの完全子会社化など相次いで大きな発表をした。これに合わせて代表執行役社長兼CEO吉田憲一郎氏は、同日に経営方針説明会でグループの戦略を語った。
 吉田社長はグループ全体の経営に加えて主要事業ごとの戦略にも言及したが、このひとつに初めて「アニメ」が含まれた。主要事業は「ゲーム&ネットワークサービス」、「音楽」、「映画」、「エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション」、「イメージング&センシングソリューションズ」、「金融」、それに「アニメ」の7分野である。
 各分野は決算開示の際の事業セグメントに対応しているが、アニメのみがゲーム&ネットワークサービス、音楽、映画の複数セグメントにまたがっている。いわば異例の扱いである。

 ソニーがグループのなかでアニメを重要事業と位置づけるのは、このセグメントをクロスオーバーするところに理由がありそうだ。吉田社長は、アニメをソニーが掲げる「“One Sony”=部門間の垣根を取り払い、総力戦で商品を開発する体制」を体現するものと捉えている。
 今回の戦略発表の表題も、「アニメ~One Sonyを体現するもの」である。このなかでアニメを、ゲーム、音楽、映画にまたがるファンが非常に強いコミュニティを形成するIPジャンルと説明する。さらに過去5年で約1.5倍の伸びた日本アニメの世界市場の成長性、市場の約半分を占める海外売上の重要性に着目する。

 グローバルもアニメ事業の重要なポイントである。プレゼンテーションでは、アニメの主要企業として国内ソニーミュージックグループのアニプレックスのほか、米国のソニー・ピクチャーズが運営する日本アニメ会社ファニメーションを取り上げた。
 アニプレックスはグループでコンテンツ創出の役割を担っており、ファニメーションは日本アニメを世界のコンシュマーの届ける役割である。さらにこれをゲーム事業が補完する。アニプレックスの代表作に大ヒット中の『鬼滅の刃』が挙げられたが、今後の展開として同作のモバイルゲーム、PS4向けゲームの制作を進める。またアニメとゲームの親和性が強いことから、PlayStation Networkでのファニメーションのプロモーションを今後は強化する。
 日米だけでなく、中国における事業も拡大する。「Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア-」を配信する現地企業ビリビリに約4億ドルを出資、アニメとゲームの協業を目指す。

 日本アニメ産業は、かつては中小企業の集まりだった。また大企業が事業とする際も、主要事業でない傍流とみられがちであった。そうしたビジネス規模の小ささが、人気の高さに比べてビジネスが大きくならない理由でもあった。
 しかし近年は、大手アニメ企業が成長を続ける一方で、巨大企業がアニメを積極的に取り扱うケースが増えている。そうしたなかでのソニーの動きは、アニメ産業の今後にも影響を与えそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る