岐阜・大垣市のアニメ2作品、ポニキャン総合プロデュース アスラフィルム制作参加

「大垣まつりにいこうよ!」

 岐阜県大垣市がプロデュースした新作アニメが、このほどウェブで公開された。「大垣まつりにいこうよ!」「がきたびっ!~青春お城編~」の2作品で、いずれも舞台は大垣市となっている。
 アニメを活用した地域活性化のひとつだが、大垣市の取り組みは一過性のものではない。もともと大垣市は劇場映画『聲の形』の舞台モデルとなるなど、アニメ作品とのつながりがあることなどがきっかけになっている。さらに2018年から継続して、市自身がプロデュースするアニメづくりに取り組んできた。

 オリジナルアニメ企画の第1弾は、2018年4月の「おあむ物語 その夏、 わたしが知ったこと」だ。同年10月には「いつか会えるキミに」がさらに制作されている。今回発表された1本である「大垣まつりにいこうよ!」を含めて、シリーズ作品となっている。短いながらもストーリーを感じることが出来る。第3弾となった今回は毎年5月に市内で行われる「大垣まつり」を題材に爽やかなラブ・ストーリーを描く。
 もう1本の「がきたびっ!~青春お城編~」は、よりダイレクトに大垣市の歴史と文化をテーマにした。全体を3部に構成して、大垣の観光名物「たらい舟」、「大垣城」、「大垣まつり」、「墨俣一夜城」の逸話などが次々に現れる。地域の観光PRが意識されている。

 アニメプロジェクトの総合プロデュースは、数々の人気アニメを製作してきたポニーキャニオンが担当している。『けいおん!』などの製作でもお馴染みのビデオメーカーである。原作は前作に引き続き大垣出身の作家・中村航、アニメーションプロデュース・制作にはアスラフィルムが参加する。
 声の出演に人気声優の三森すずこを起用しているのも話題だ。アニメファンからも注目を集めそうだ。

「大垣まつりにいこうよ!」

「がきたびっ!~青春お城編~」

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る