アニメ業界就職フェア「ワクワーク」2021年入社を視野、今年は2日間開催

WAKUWARK2021

 アニメ業界に特化した就職フェアが、東京・蒲田の大田区産業プラザ PiOで開催される。3月3日(火)の「ワクワーク2021」、4日(水)の「ワクワーク2021 -クリエイティブ職-」だ。いずれもアニメ業界を代表する企業が参加し、主に2021年入社に向けた説明会を実施する。
 「ワクワーク」はアニメ業界の就職情報が充分でないと、株式会社ワクワークは2016年にスタートした。当初は「絵が描けなくても大丈夫!」を掲げて、アニメーターや背景といったクリエイティブ分野以外のアニメ業界の、一般職・総合職の仕事にフォーカスしてきた。

 クリエイティブ以外の職種の紹介に力をいれる一方で、今年はクリエイティブ職のニーズも依然高いとして、初めて双方を取り上げる。これに合わせて開催も、2日間に拡大した。3日の「ワクワーク2021」が一般職・総合職向け、4日(水)の「ワクワーク2021 -クリエイティブ職-」はアニメーターや背景美術、CG職の志望者に向ける。
 3日はテレビや映画でもお馴染みの有名アニメ制作会社やグッズ、メディアなど19社、4日はアニメ制作会社を中心に15社が参加する。複数企業の情報をまとめて知るチャンスとなる。

 2020年は基調講演として、『君の名は。』や『天気の子』のアニメーション制作でお馴染みのコミックス・ウェーブ・フィルム代表取締役の川口典孝氏が登壇する。リクルート志願者でなくとも気になるゲストだ。
 また2月29日から全国公開する劇場版『SHIROBAKO』とのコレボレーションも話題になぅている。作品に登場する宮森あおいと安原絵麻のイベントキービジュアルが目を惹く。フェア参加者限定のクリアファイル配布も予定する。

 参加対象は2021年3月もしくは2022年3月卒業見込みの学生、第二新卒。参加は無料で、peatixでの登録が事前に必要だ。

アニメ業界就職フェア「ワクワーク2021」 
https://wakuwork2021-1.peatix.com/
2020年3月3日(火) 11時〜18時(予定)
会場:大田区産業プラザ PiO 大展示ホール
[参加企業]
アーチ/アニメ!アニメ!(イード)/アルボアニメーション/arma Bianca
オレンジ/Colored Pencil Animation Japan/キネマシトラス/コミックス・ウェーブ・フィルム
コンテンツシード/SUNRISE BEYOND/つむぎ作画技術研究所
テレコム・アニメーションフィルム/トリガー/ファンワークス/フロントウィング
ポリゴン・ピクチュアズ/ユーフォーテーブル/ライデンフィルム

アニメ業界就職フェア「ワクワーク2021 -クリエイティブ職-」
https://wakuwork2021-1.peatix.com/
2020年3月4日(火) 11時〜16時(予定)
会場:大田区産業プラザ PiO 大展示ホール
[参加企業]
アスラフィルム/アルボアニメーション/オレンジ
Colored Pencil Animation Japan/キネマシトラス/コミックス・ウェーブ・フィルム
つむぎ作画技術研究所/テレコム・アニメーションフィルム/トリガー
ファンワークス/フロントウィング/ポリゴン・ピクチュアズ
ユーフォーテーブル/ライデンフィルム/Live2D

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
  2. TIFFCOM 2019
    ■中国大幅増で、出展団体過去最多  国内最大の映像コンテンツの国際見本市となるTIFFCOMとTI…
  3. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
ページ上部へ戻る