2019年国内音楽ソフト生産金額5%減、2291億円

音楽

 一般社団法人日本レコード協会は、2019年一年間(1月1日~12月31日)の国内音楽ソフトの生産金額が2291億2900万円であると発表した。この数字は2018年比で5%減になる。2018年は2年連続の減少から増加に転じたが、小幅ながら再び下落したことになる。
 また年間数量も前年比7%減の1億8067万枚となった。こちらは2013年以来、7年連続のマイナスとなる。市場の縮小に歯止めがかかっていない。

 年間レコード生産実績は、日本レコード協会の加盟各社の集計から集計する。音楽業界を代表する市場の統計数字である。生産金額は1950年代から実績を公表している。
 市場規模は50年代から90年代まで一貫して成長を続けて1998年に6074億円と最高値に達した。しかし2000年代以降はデジタル化やユーザーの需要が配信での利用に流れたことから減少に転じている。2019年は98年に対比で4割以下の水準にとどまっている。

 音楽ソフトの生産は大きく「オーディオレコード」と「音楽ビデオ」のふたつに分けることが出来る。18年は「音楽ビデオ」が好調だったが、19年はその反動もあり数量で16%減4637万枚、金額で8%減764億円と下げ幅が大きかった。
 オーディオレコードは比較的小さな下落率に留まった。数量は前年比4%減の1億3430万枚、金額 は3%減の1528億円だ。
 また全体に占める比率は少ないもののアナログレコードが堅調だった。数量は9%増の122万枚。金額は3%増の21億5000万円である。いずれも6年連続の増加で着実な成長を続けている。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る