松竹、通期決算は前年並み アニメ配給は18本、「聲の形」がヒットに

ファイナンス決算

 国内大手映画会社の松竹は、2017年4月14日に2017年2月期の通期決算を発表した。連結決算は前年比4%増の961億7300万円、営業利益は75億4000万円(1.8%増)、経常利益は66億2600万円(0.8%増)といずれも前年比微増であった。また当期純利益は37億1000万円の4.8%減である。

 全体に動きの少なかった一年であったが、アニメ映画の活況が目立った。配給作品では、興行収入が23億円に達した『映画 聲の形』が最大のヒットになった。期間中の配給作品は、邦画21本に匹敵する18本と多く、洋画6本を大きく超えた。
 また1945年に制作された日本初の長編アニメーション映画『桃太郎 海の神兵』をデジタル修復し、カンヌ映画祭で上映した。100年の歴史を持つ日本のアニメーションに、文化面でも貢献する。

 映像関連事業は全体でも堅調だった。売上高は547億1900万円(7.7%増)、営業利益は31億3900万円(14.5%増)。製作・配給のほか、興行も手がけている。こちらは『ズートピア』、『シン・ゴジラ』、『ファインディング・ドリー』、『君の名は。』が牽引している。
 映像ソフトでは、か「ARIA」シリーズや、劇場公開もヒットになった『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』、『母と暮せば』、『殿、利息でござる!』が好調であった。さらにテレビ放映権では、インターネットの月額定額制配信向けに『ソロモンの偽証 前後篇』、『天空の蜂』、「男はつらいよ」シリーズ、「釣りバカ日誌」シリーズを販売し収益につなげた。テレビ制作、CS放送事業も堅調であった。

 演劇事業は、売上高251億400万円(2.3%減)、営業利益24億1300万円(9.2%減)と弱含んだ。市川猿之助主演のスーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」も人気だった。こちらはシネマ歌舞伎化もされた。
 不動産事業は、売上高102億4500万円(0.7%増)、営業利益43億1900万円(3.3%増)。歌舞伎座タワー、銀座松竹スクエア、東劇ビル、新宿ピカデリー、有楽町マリオンなどが主力で、いずれも高い稼働率を維持した。
 
 2018年2月期は、売上高は前期並み(5%増)の5828億円を見通す。一方で、経常利益は32億2000万円(5%減)、当期純利益も20億8000万円(0.8%減)と今期並みの予想だ。
 主要な作品は、山田洋次監督の『家族はつらいよ2』、「HiGH&LOW」シリーズ最新作、『8年越しの花嫁』。そしてマンガ原作から、人気作品の実写映画化で『東京喰種 トウキョウグール』と『曇天に笑う』がある。いずれもアニメ化、舞台化がすでに成功しているだけに、実写映画への期待も大きそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る